読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12月1日(火)と2日(水)にFUKAIPRODUCE羽衣(以下:フカプロ)のライブがあるものですからお知らせさせて頂こうと思っていましたら、なんと終わってしまいました。無事に終わってしまいました。“無事”にの後に“終わってしまいました”はおかしいですね。無事に終わりました。会場まで脚をお運び頂きました皆々様有難う御座居ました。関係者の皆々様お世話になりました。有難う御座居ました。おいで頂けなかった皆々様また次回機会が御座居ましたらお会いいたそうぞ。宜しくお願い致します。そして今日12月8日は母の誕生日で

ヤクルトスワローズの古田さんがゲストでいらしていて、私もフカプロ劇団員ではないのでゲスト扱いではありましたが、お客様は神様であり正直でありその喜ばれ方の格差が激しいので昌子がゲストというのは内緒にして欲しかったです。まあ、でもお客様も私がゲストだとか気にして居ない様にも感じました。そう思おうと私は思っているんです。
なんと、3時間。


大ヒット映画『タイタニック』もそれ位ではないでしょうか。映画館で4度見ました。
貧しい青年が博打で手に入れたチケットでタイタニックという船に乗ります。そこには大金持ちの婚約者と共に超美人のお嬢様も乗ってきます。お嬢様は家の経済事情で大金持ちと婚約をさせられ幸せではありませんでした。タイタニックから海へ身を投げようとした時に貧しい青年が声をかけ助けます。そこから二人は恋に落ちました。良かったあ。と思いましたがその反面今までの人生はどうするのか、婚約者との事は?とそんな心配をしているうちにタイタニックは氷山にぶつかります。船には穴があき沈没します。青年とお嬢さんは一緒に逃げます。冷たい海に落ち、青年はお嬢さんを浮いた板に載せ自分はその板にのったお嬢さんの側で冷たい海につかりながらアメリカンジョークを震えながら飛ばします。青年は一度その板にお嬢さんと一緒に乗ろうとしたのです!でも板がひっくり返りそうになり自分が乗るのは諦めました。いずれ力尽きた青年はお嬢さんに『生きろ』と言って海の底へ吸い込まれていきます。
その後助かったお嬢さんは結婚し子供を産み孫が出来、ニュースで沈没したタイタニックが見つかった報道を見ます。もうお婆ちゃんになっています。タイタニックにはお嬢さんの婚約者だった大金持ちの人が持っていた幻の宝石があるはずという事でその宝石を求め沢山の人が捜索活動をした成果、船を見つけたのでした。船の金庫から出てきたのは宝石ではなくお嬢さんのヌードのデッサンでその胸には噂の宝石が描かれていました。おばあちゃんになったお嬢さんはモデルは私、と言って宝石の事知ってる風な空気を出して当時の話聞きたくないの?的な感じで絵を見に行きます。その絵は恋に落ちた貧しい青年が描いたものでした。結婚して孫が出来てお婆ちゃんになってもやっぱり好きなのよね。分かる。とか思っていたら、幻の宝石はお婆ちゃんになったお嬢さんが実は持っていました。お嬢さんはその宝石を海に捨てます。
それ位のストーリーが展開出来る位の時間ライブをしていました。

タイタニック2』があるのなら、是非私で撮って欲しいとかねてから熱望しておりましたので、時間的にタイタニックを体感し感激しております。
ちなみに以前、新宿歌舞伎町に『パイパニック』という風俗店がありました。『タイタニック2』のオファーがないならココで!と思っていましたが、いつの間にかなくなってしまいました。
いやあ、タイタニックまた久しぶりに観たくなってきたな。

ライブは本公演で歌った人ではない人が歌う事が多くカバー的な要素もあり、自分が前に歌った経験のある歌はあの人はどう歌うのだろうとやっぱり気になります。
でも、誰が歌っても素敵なんだよな。糸井氏の歌はすげえな。と思います。表現者の皆も勿論かっこいいけど。生み出せるか?あんな気持ちを言葉で、音で!

曲名『女装男装冬支度』の♪雪やこんここんここんこ 霰やこんここんここんこ♪の歌詞の部分で糸井氏のせがれ夏之介君が糸井氏に肩車されて歌っている、鯉和ちゃんと高橋君に雪を降らせるのですがそのくあわいいことくあわいい事。体中の力が抜けちびりそうでした。何かおしゃべりしたかったけど、人見知りなのと嫌われたらどうしようと思ってなかなか話しかけられず不気味に気付かれないように目線が合わない様に見つめて悶えていました。
ライブが1日終わった日、夏之介君が私が歌った『もうしばらく歩いたら』を寝言で歌っていたそうです。あの天使ちゃんが私が歌うのを聞いていてくれたんだ!と思うともういよいよちびっていたかもしれません。それを聞いて、あぁ幸せでした。冷え性が治りました。有難う御座居ました。
もう思い出しただけでホカホカです。

古田さんはお見事でした。『私の夢』は60歳を過ぎた藤さんという俳優さんとプカプロの日郄が歌ったのを聴いた事があります。二人とも素敵でした。人生を垣間見た感じに思ってました。そして殿堂入り古田はこう歌い上げたかと。そうか。と感動でした。次、出番だったので客席で聴きたかったけど裏で聞いていました。こういう兄が欲しかった。優しくて頼りがいがあって。
巡り合えた奇跡があるのだからそれに感謝をしよう!でもこういう兄がいたら心強いなあ。スターなのに気さく過ぎるし。出たきた瞬間、お客さんが輝いた。

私は濡れ場を何度とご一緒した澤田君と『もうしばらく歩いたら』歌いました。澤田君が側に居てくれると安心!感謝です。有難う。あと『お金の話が終ったら』を主宰深井と一緒に歌いました。『お金の話が終ったら』はいつも女役でバックダンサーでの参加でしたが今回はメインで男役、付き合ってる彼女が深井だなんて最高の気分でした。気持ち良かった。順子と一緒に歌う事なんてなかったな。あ!6月にあったか。ギターのひろきと3人で。
辛い時こそ人知れず歌ってきましたが、やっぱり歌はいいですね。
沢山CDをMDにダビングしてきましたが、MDデッキが壊れてしまい、買いに行きましたらMDデッキはもう売ってないと言われました。まだ録音していない新品のMDもあるというのに時代はいつの間にこんなに流れたのでしょうか。MDのニーズがそんな事になってるのを知らなかったのは私だけなのですか。
冬はやっぱり苦手です。
早く暖かくなる様に。
FUKAIPRODUCE羽衣LIVEなんとVol.9だそうです。9回目無事に終わりました。
有難う御座居ました。
私ですが、次は「田上パル」に参加します。年が明けて2016年1月に“こまばアゴラ劇場”2月に北九州へ舞台を移します。
またお知らせさせて頂きます。もしよろしければ、観にいらして下さい。フカプロの高橋君と日郄も一緒です。宜しくお願い致します。

キラリふじみ2015.4→2016.3レパートリー新作『奇想曲第58番』10月12日終わりました。ご来場頂きました皆々様、有難う御座いました。関係者の皆々様、お疲れ様でした。お世話になりました。今回おいで頂けなかった皆々様、どうしたっ?!元気かっ?!次回機会が御座いましたら是非劇場でお会い致しましょう。

沢山の方が観て下さいました。やったあ!有難う御座居ました。
2階建てで霧だらけで鞄に追いかけられて井戸が右へ左へ移動して透明なボウルに人が入って、野球してウルトラクイズがあって、どうしたこうした?ってなって二段ベットが出入りする舞台でした。
私は家族の中のお婆ちゃんをやらせて頂きましたが、チョイ役で看護婦と女子アナウンサーもやらせて頂きました。
実は私にも20代の頃があり短大生だった過去がありますが、その時お世話になったアナウンサーの方が観に来て下さる旨の連絡を貰っていて、アナウンサー役で二ュースを読む場面に実はプレッシャーを感じていまして一度読み聞かせて貰おうかと思ったりもしましたが、普通の会話もいい声で聞き惚れている内に時間は過ぎていったのでした。実に25年ぶりの再会で、憧れの人は憧れの人のままそこに居たのでした。そこいら中にいた知り合いを呼び止め紹介すると、私との関係を分かり易く説明してくれて大人じゃん!と。手頃な木があったら登ってしまっていたかもしれません。
その場、その場を渡り歩いていると、その場を通り過ぎたらもう会えなくなっていく人達が多い中、演劇は演劇だけに留まらず人生の楽しみ方を倍増にしてくれて独特な世界を開いてくれます。感謝してしまうよ。関わってくれた森羅万象に有難う御座居ました。
一人の男が死に際に見る不思議な走馬灯の話でした。
こんな私にも20代の頃がありOLだった過去がありますが、その上司が奥様と毎回高級お菓子と共に劇場まで足を運んで下さいますが、面白い上司で雑学で知らない事はないのではないか?なぜか帰国子女が訳せなかった方言のきつい英語をスラスラと訳したりするし、もしくは全部ウソではないかという様な面白い話をいっぱいしてくれる方なのですが、その方がこの10月からは暗かった世の中が本来の姿に戻っていくと言っていました。あまり時間がなくてゆっくりお話できなかったのですが、根拠を聞くと「嘘だあ!」と突っ込まずにはいられない様な事を言うのだと思います。こういう面白い人との関係も続けさせてくれる演劇に留まらない演劇に感謝です。またそこから学ぶ事があるので公演の楽しみは個人的にですが2倍にも3倍にもなります。
きっと私の走馬灯には上記の人々も勿論、更に色んな忘れられない人達が出てきてくれると想いますが、また生きて会いたいです。
また、会いに来て下さい。会いたいです。元気でいて下さい。

『奇想曲第58番』の稽古中は芸能界の方々の結婚が複数あり、爆笑問題の田中氏の結婚にショックを受けた方も多いのではないでしょうか?
その他に福山雅治氏と吹石一恵夫妻と千原ジュニア氏と一般女性夫妻と麒麟の川島氏と一般女性夫妻が誕生しました。
爆笑問題の田中さんと山口もえさんはとってもお似合いだ。と噂になった頃から思っていましたが、田中さんの相手に対して誠実な心には私も目をつけていたので隙あらば伊藤で手を打って貰えないか。と思っていました。また、離婚や玉をひとつとらねばならなかった悲しい事を乗り越えてきたその人に深みを感じていたのです。
更にこの人には猫しかいない。と思わせる人間ではなかなかそうはいかなかっただろう意思の疎通ぷりも尊敬していました。実際にお会いした事がないので自分の感覚だけで素敵だと思っていますが、お仕事されるお姿は私の印象もあながち間違ってはいないと自負しております。というかお仕事を拝見してその少年の様な素直さに感動しておりましたので、言ってみれば逆だったかな。いずれにしてもライバルに不足はなかった。
末永ーーーーーくお幸せに!いがった!

天下一品祭りも終わり(『奇想曲第58番』と同じ日に終わりました。今年は行けなかった)、季節はおさつスナックが出回るようになり、部屋での全裸もきつくなりつつあります。
季節は関係なく全裸はキツいものがあります。ぶよぶよしたものとの付き合いも長くなって参りました。
ダイエットは明日からと元旦から言いつつ、もう10月も半ば。ダイエットは明日からと言っても誰も聞いていないので、「口ばっかりじゃない!」などの厳しい事は誰も言いませんが、自分の中では屈辱です。
榎木孝明氏は梅雨の時期に実施した不食以降リバウンドはしていないのでしょうか。
今、私は公演が終わったばかりで皆さんに差し入れて貰った大好きなお菓子と可愛いお花に囲まれている生活をしています。
自分では買えないものばかりです。この幸せは手放したくありません。
思い切ってダイエットは3年後からと言って現実味がないような逆に信憑性があるような感じでお茶を濁してしまおうか。と言っても誰も聞いてないかも知れません。
変わりやすい天気だあ。とか秋の夜長だあ。と言われる季節になりました。
秋深し隣は何をする人ぞ。演劇をやっている人か、私に優しくしてくれる人しか居ません。お金はないけど幸せです。
幸せな感じで幸せが逃げていかないうちに今回はこの辺で。幸せが逃げない様にそーっとネットカフェを後にします。
有難う御座居ました。
あ、乾燥してるからうがいと手洗いする様にお願いしますよ。私も家帰ったらやります。
お休みなさいまし。

10/9〜12に『奇想曲第58番』公演致します。思い出なのか現実なのか不思議なお話の稽古をして居ます。お待ち致して居ります。チケットのご予約は伊藤まで是非!と言いたいですが、伊藤が嫌だという方は伊藤以外で。いや、しょうがない、伊藤でもいいか。という方は伊藤まで。待って居ます。

お久しぶりです。お元気ですか。いつも遅くてすみません。
9月に入り、早速花粉症の症状が出てきております。食欲も出てきております。しかし実のところ、花粉症も食欲も一年を通してずっとあります。
とはいいつつ今月に入り確実にティッシュ消費量と体重は増えています。
誰か止めてはくれないか。
食欲については飲むタイプのヨーグルトを気が付けばいつの間にかにリットル的に飲んでる時があります。
食欲の秋に実る食物ではなくすみません。梨も柿も桃も高くて見るだけです。あ、キャベツも高いです。野菜全般高いです。
ヨーグルトですが、ヨーグルトも何本も飲めば結構お金使うので思いきって梨や柿や桃を買って食べてしまってもよかったなあ。と思う時もあります。と言っても桃の代わりにヨーグルトを飲んでいるのではないので桃に対してもヨーグルトに対しても失礼な感じになっているかもしれないですが。すみません。
ちなみに飲むヨーグルトは何でも飲みますが今ハマっているのがセブンイレブンの“生きて腸まで届く乳酸菌”です。でっかいけどすぐ飲んでしまう。濃厚でバリウムの様に感じる時があります。170円位するのを一日に数本かやってしまう時があって、体からのカルシウム不足の警告なのか、乳酸菌不足なのか、単にクセなっているかなのだと思いますが、ちゃんと意識を持って行動しなくてはいけない。事を感じて来ています。
駅前のパン屋さんに入ってパンを3つ買って、800いくらです。と言われた時も自分がどれほどボーっとしていたかレジの前で目が覚めましたが、値段も見ず選んだ自分が悪いですが、パンなのでまさかそんなに高いと思わなかったもんで、高すぎやしないか。と。だったら中華屋さんに入って定食食べたかった。と。それも一生懸命パンを作ってくれた人に失礼ですが、ハッキリした意識で生きていかないとお互い嫌な思いをするな。と反省が必要な時は乳酸菌に、生きて。生きて。と呼びかけながら飲みます。ますます寂しくなるのか、ましになるのかはその時の自分の強さにかかっています。

10月の連休にお芝居をします。
今年2月に参加させて貰った“キラリふじみレパートリー”の新作。
作演出は2月も一緒だった平成の誠実男、田上豊君!
田上君は田上パルという劇団の主宰もやっているので田上君の作品に出る。と言うと田上パルに出る。と解釈される時もあります。
稽古場では中野の劇団員の方が殺された事件の事や堤防決壊だったり、安保法案の話や今、起こっている事を話したりもしています。
これから本番が近くなってくると時間がなくなってきて、毎日顔を合わせていてもそういう事については何も話さず作るのだと思います。
10月、今よりも世の中が穏やかでありますよう。お願いします。誰にお願いかは分からないけれど、お願いします。私も気を付けます。
会場は埼玉富士見市役所隣のキラリふじみです。
今年4月に目の前にデッカイららぽーとが出来ました。お近くの方も遠い方も見物がてら観劇にいらして下さい。


    1. +

キラリふじみ2015.4→2016.3シーズンレパートリー新作

『奇想曲第58番』

作・演出/田上豊



ここがどこなのか、なぜここに来たのかも分からない。

ただここは、とてつもなく大きい迷路のような建物で、外の世界と時間の流れ方がまるで違う奇妙な世界。

何を選択し、何を信じればいいのだろうか。と、考えているうちに、既に3回目のスタートである。

無限に続く「時代すごろく」。

追想、追憶、追懐、追従、追求、追撃、どんなにあがいても、ついついしてやられてしまう時間の連鎖。

―――これはついついの劇である。

幅広い世代から大きな反響を呼び、3年間6都市で上演を重ねた『Mother-river Homing』の初演から4年、田上豊の待望の新作です。



出演/

飯田一期    

伊藤昌子

猪瀬青史

黒木絵美花

静恵一(サミットクラブ)

鈴木燦

田中美希恵

中林舞

堀夏子      

三村聡      



日程/

2015年10月9日(金)〜12日(月・祝)

10月9日(金)19:00

10月10日(土)15:00◎

10月11日(日)14:00☆

10月12日(月・祝)14:00

※受付開始は開演の60分前、開場は20分前。

☆ポストパフォーマンストークあり



◎託児サービスあり。

対象:1歳以上、未就学児 定員:5名(申込み順) 料金:500円 締切:10月3日
(土)

申込み:キラリふじみ 049-268-7788



会場/富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ マルチホール



料金/(全席自由・日時指定・整理番号付き)

一般2,500円 高校生以下1,000円

※未就学児童の入場はご遠慮ください。

※団体での鑑賞も承っております。詳しくはお問い合わせください。



チケット申込み・お問い合わせ/

富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ 

TEL 049-268-7788 (電話予約9:00〜22:00/窓口取扱9:00〜21:00) 

http://www.kirari-fujimi.com/ *オンライン予約あり



交通のご案内

富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ

〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬1803-1

TEL 049-268-7788  http://www.kirari-fujimi.com



【電車】最寄駅=東武東上線「鶴瀬」駅まで池袋より準急で29分。東口より徒歩20分
(タクシー8分)。

東口バス乗り場(暫定広場)から東武バスららぽーと富士見」行き、

または市内循環バス「富士見市役所」行きのご利用が便利です。乗車時間約7〜8分。
バス停から徒歩約3〜5分。

「志木」「ふじみ野」各駅からも「ららぽーと富士見」行きバスが出ています。

【お車】富士見川越バイパス「富士見市街出口」を降りてすぐ。富士見市役所隣り。
駐車場(無料)は

台数に限りがございますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。

    1. +


ららぽーとの中にヤオコーというスーパーが入っていて、そこでキャベツを買って帰ったりしています。家の近所のスーパーのキャベツは高くて横目で見るのが関の山だったので、久しぶりに自分のものになった玉のキャベツを愛おしく大切に富士見市から都内へ持ち帰っています。家の近所のスーパーのキャベツは高いし葉が薄いのですが、ヤオコーのは小ぶりではありますが葉が厚いんです。感動しました。
このお芝居が終って、ヤオコーへ出入りしなくなったら野菜事情どうしたらいいんだろう。
ちなみにキャベツを幼い頃は“玉菜:たまな”と呼んでいました。『たまな』を検索すると、「キャベツの別名」と出てきます。東京に来てからキャベツを“たまな”と言っている人に会った事がなかったので方言だと思っていましたが、違ったようです。堂々と使ってみよう。
そして、せっかくららぽーとに行くのだからヤオコーではなくおしゃれな洋服やさんにも出入りしてみたい希望もあります。でも、お金がない自覚と経験上サイズがないであろう予想でヤオコーばかりです。
たまなが方言と思い込む様に、どうせ私が入るサイズがないんでしょ。という偏見はよしてチャレンジしてみようか。お金はないが。
そして、ヤオコーに失礼な発言になっているのではないか。ごめん菜菜(なさい)と謝りつつ。
今回はこの辺で。失礼をば。

もう7月だなんて、いつの間にこんなに時間が経ったのでしょう。今が5月だったら納得ですが、今更5月に戻る気力もないです。ダイエットは明日からと言い続けて早7ヶ月、榎木孝明さんを心の師匠と仰ぎ見る7月の事よ。

いやあ、すみません。筆不精です。最新のブログが3月で終わっています。寒かったのか暑かったのかどうでしたか。
母の日が過ぎ、父の日も過ぎ、うるう秒も過ぎ、七夕も過ぎ、納豆の日(7/10)も過ぎ、私食べ過ぎ。
生きて居ります。有難う御座います。
先月、6月11・18・25日 にFUKAIPRODUCE羽衣主宰の深井順子と明治天皇の玄孫似の26歳だといいはるギタリスト斎藤浩樹と『順子と昌子とひろき』というユニットでHOBOHOBO (新大久保)の http://hobohobo.info/. 演宴会『ライブラリミーティング』に参加しました。もう7月か、とか言う割には先月のイベントは遠い昔の事の様です。そして夢の様でした。
5曲歌いました。
1:羽衣のテーマ、2:endless sex in the world、3:夕暮れCDショップ、4:よるべナイター、5:浴槽船、アンコール:ばいばいおっぱい(25日のみ)。30分位。
このイベントが終わるまでには一度更新したいと思っていましたが出来ませんでした。こうなる事は分かっていました。ご来場頂きました皆々様有難う御座居ました。関係者の皆々様お世話になりました。有難う御座居ました。
私達以外の参加団体さんは、feblabo、コナンとチョビの暮らし、順風男女、劇団だるめしあんでした。コントな方々、お芝居な方々でした。また会えるかな。梅雨、如何お過ごしですか。

舞台に立たせて貰うと心が。ゆとりができる様な気がします。
昨年6ヶ月しか使っていないスマートフォンを落とし、どこに行ったか分からないスマートフォンと現在使用しているスマートフォンスマートフォン代を2台分払っている事も、なぜか戻って来るだろうと自信を持って200円のロッカーを使用しその200円が戻って来なかった事も、絶対に人を誉めないタイプのオバさんに唐突に「伊藤さんて滑舌いいけど何かやってるの?」と聞かれ、???と違和感をおぼえつつ、別に何もしてなかったので『何もしてないです。』と答えると「えっ?!女優さんて聞いたけど?!女優じゃないの?女優やってるんじゃないの?!女優じゃないの?!」といやらしくしつこく言われた事や電車で隣合わせたお爺さんが上あごの総入れ歯を外して私の目の前でトーストの様に持ち微笑んだ事が、愛おしい。
今は、何の稽古もしてないのですさんで居ます。スマートフォンでユーチューブも何にも見てないのに黙って持っててなんでこんないくんだ!すぐ止まるじゃないか!とか、施設のコインロッカーだからお金戻って来ると思う人もいる事を想定してお金戻って来ないって表記しなさいよ!とか、あなたを万が一愛している人が居たらその人には悪いけど、あなたが苦手です。私に何を言わせたかったの?!とか、最後は、ビックリしたけどビックリしたけど、ビックリしたよ。と。
お芝居作成中はボロは着てても心は錦、んにゃ。となり、今はボロも着てるし心もボロボロ、んにゃ。と字余りでお芝居やってないと心も語呂のバランスも悪い。このままでは明日からのダイエットもストレスによる過食で出来ない。榎木先生、助けてくれよ。私は一時期痩せたとしても必ずリバウンドという更に厳しい状態がやって来てしまいます。

そんなこんなでひとつ宜しくお願いします。

すみません。キラリふじみ・レパートリー『mother-river homing』埼玉、高知、伊丹、高崎公演無事に終わりました。最後の地は高崎でした。2月14日のバレンタインデーに幕を降ろしました。足掛け3年関わってきましたが、これでひとまず一区切りだそうです。でも、分かんないよ〜。とか権力ある大人が言ったりもしていましたが。分かんない。と言えば高崎のお客さんが島田さん(青年団に所属。芝居中は長男役)の登場に拍手と歓声が起こったのですが、あれは?!高崎のお客さんに聞きたい。あれは、どうしてそうなったのですか

キラリふじみ・レパートリー『mother-river homing』無事に終了致しました。劇場まで足をお運び頂きました皆々様!有難う御座居ました。関係者の皆々様!大変お世話になりました。有難う御座居ました。楽しい旅公演でした。2月14日に終わり、月が替わっての更新、面目ねえです。

キャストで40歳を越えてしまった人は仕込み・バラシ(舞台のセットの準備と後片付け)免除!という制度に申し訳ないでも有難い。という思いと自分もそこまで来てしまったのか、という悲しい気持ちが複雑に絡まり挙動不審に輪をかけます。仕込み・バラシして下さった皆々様方、有難う御座居ました。
お陰で皆様が働いて下さってる間、高知では土佐犬を見、伊丹では大阪の通天閣へのぼり、高崎ではボゲ〜〜ッとする事が出来ました。有難う御座居ました。
役者の40歳以上は4人居まして、皆んなが準備してくれている間ずっと一緒に居ました。全く嫌な気持ちになることがなくこのカルテットを繋げてくれたお芝居というご縁に感謝です。逆に誤解をして居た部分をそうではないんだ!という気付かせて頂いた有難いところもあり、自分の小ささを反省する旅ともなったのです。
有難い、有難い、有難う御座居ました。

キラリふじみ・レパートリー『mother-river homing』。
私が好きだったシーンは写真好きのお父さんが子供達(その時は6人兄弟、いづれ7人になります)それぞれが家から巣立って行く時に家族で記念写真を撮るのですが、自分はカメラマンなので写りません。お父さんが亡くなった時、お母さんが悲しみにくれる子供達を一列に並ばせて写真を撮ります。お母さんが泣きじゃくる子供達に『写真ば撮るよ』(←熊本のお話です。方言です)と言うと「こんな時になんで?!」と次女が少し反発するのですが『お父さん、写真撮るの好きだったっしょ』と。はい、ポーズ!とカメラを向けます。ここまで回想で、次のシーンは現代に戻ります。その現実の夕暮れ感に愛が哀が。人間の抱えているものを見ては涙を堪えるのです。自分が出ていないシーンなので、稽古、集中して観ていました。現実に戻ると『ただいまあ。』と次女が帰宅します。時間と共に戻って来た合図にも思え。

もしかしたら大抵のお家でそうかもしれませんが、私の父も家族で出掛けた時はカメラマンで、父と一緒に写っている家族写真はありません。一緒に写っているのは卒業式などで卒業生と父兄全員で撮った集合写真で、個人的に一緒に写ってる写真は一枚もありません。
母が亡くなって、知人が“お母さんの写真を飾って。”と可愛い写真立てをくれたのをきっかけに東京に持ってきてある母の写真を探してる時に気づいたのですが、父が写ってない。
母と母の母(おばあちゃん)と私の写真はあるのですが、父はいつもカメラマンだったのだなあ。

『mother-river homing』のお父さん同様、私の父も写真好きでお祭りがあったり、桜が咲いたりするとカメラを持って出掛けて居ました。小さな町ですが、町内の写真コンクールみたいなもので何か賞を貰った事があったと思います。
写真立てには、実家前で母とお婆ちゃんと私の3人が写った写真を飾っています。特に何の日という事でもなかったと思います。私は家を離れてて仙台か東京のどちらかに住んでいて帰省時皆んなで日向ぼっこしてる感じだと思います。門と玄関の間に小さな池があるのですが、その池の石に母とお婆ちゃんが腰掛けて私がしゃがんでる写真。私、20歳位。写ってない父の愛を感じ。

舞台は家族のお話でした。実話が元になっています。7人兄弟だったのです。少し前の時代設定ではありましたが、数だけ聞くと多いなあ。でも実際お芝居してみると全く多くない。台本があるのだから台本通りなのだから皆んな必要ですが、本当に兄弟居るっていいなあ。と思いました。実際の話を聞いても多い感じはしませんでした。心強いなあ。って。私も信頼出来る兄弟欲しかったなあ。あ〜あ〜。

バレンタインデー時期の公演だったので頂く差し入れも凄かった。手ぶらで来てよ。と言っていても差し出されると有難う。と、差し出されなくとも何か紙袋ぶら下げてると、目線がそちらに。
なんて!いやらしい人間になってしまったんだ!オレはっ??!!
手ぶらでいらして下さい。劇場でご観劇頂ける事が!それが!差し入れです!とは言いますが、なんか金粉入ってたり、限定の貴重な珍しいものだったり、自分では買えない詰め合わせだったり、包みの中は夢と希望でした。ご馳走様でした。もう、全部食べちゃった。大切にと思ってましたが、食べたらなくなってしまいました。ぜえ〜〜〜んぶ食べてしまった。有難う御座居ました。
お手紙も有難う御座居ます。私の為にペンを走らせてくれたのかと思うと夢みたいです。私の為に便箋を用意し言葉を選んで書いてくれたのか。と思うとなんて言っていいか。不思議な気持ちです。もっと、優しくなりたい。と思います。もっと、真面目になりたい。と、正義を持って生きて生きたい。と思います。

今、病院の帰りです。最近不調で耳が聞こえなくなったり(聞こえるけれど、蓋された感じ)、モザイクの様に物が見えたり、めまいがしたり、掴んだ物を落としたり、歩く時に足が出なかったり、まっすぐ歩けなかったり、そんなこの頃で、頭痛もあり、MRIとって来ました。去年舞台から落ちたのが少し気になり、落ちた直後も病院で診ては貰ったのですが、特に異常はないと診断されました。ただ、今、出血してなくても後に出血する場合がある。あと、もう少ししたらムチ打ちになる。と言われ、少しして確かにムチ打ちになりました。そんな的中する予言されちゃってたのでMRI診て貰いましたが、特に異常はないとの事。もしかしたら三半規管かもしれないとの事。でももしかしたら更年期なのかもしれない。と思ってみたり。とりあずホッとしたけれど。
MRIなんでもなかったお祝いに500円するソフトクリームを食べました。おぉ!これが500円もするソフトかあ。濃厚で居て後味がスッキリ、コーン部分ランドグシャ!よっしゃあ!なんか売り方に誤魔化さない潔さを感じました。思い切ったね。
こうありたい。
有難う御座居ました。

FUKAIPRODUCE羽衣(以下、フカプロ)の新部聖子(にいべみなこ)ちゃんからSP水曜劇場観て泣いちゃった旨、子供沢山産みたくなった旨、したためたメイル貰う。なんて可愛いんだ。有難うよ。1/31に初日を迎える『Mother-river Homing』、2013年の公演を1/28(水)まで再放送中です。上映のお時間は平日22時〜、最終日23:00〜となって居ります。まだ御覧頂いていらっしゃらない方是非!御覧頂いた方ももう一度是非!そして生でも是非!SP水曜劇場なのですが、昨年フカプロでスタジオにお邪魔し

現在稽古中です。毎日弁当を恵んで貰って居ます。
一日中稽古してますので途中ご飯休憩があるのですが、休憩中に何も食べずストレッチをしていたら弟役の島田曜蔵さんに『食べないの?』と聞かれ「お金がない。」と言ったら次の日にサンドウイッチを作って来てくれました。そしたらその次の日、私の子供役の田中美希恵ちゃんが五穀米とみょうがのおにぎりを作って来てくれて、そうしたらその次の日にお母さん役の羽場睦子さんがお弁当を作って来てくれて、同じ日に謎の少女役の阿久津未歩ちゃんがお茶漬けの用意をして来てくれて、その次の日はお隣役の鄭亜美さんがお弁当を買って来てくれて、そしたら次の日に妹役の斎藤淳子さんが保温された味噌汁と一緒にお弁当を作って来てくれて。
お礼はどうしたらよいのでしょうか?
島田さんは金よこせ。とヤクザな事を言ってきますが、お金のない人からとらないであげて下さい。
はじめは申し訳ないなあ。と恐縮しておりましたが、何か包みを渡されると同時にヨダレが垂れて来るようになって参りました。みんな料理上手。
私も何か作ってお返ししたい。
あったかいカンパニーです。
家族のお話作って居ます。この人達が家族でよかったあ。と心底感じます。

田舎にはこういう人が居ました。人の悪口を言う人。人の事知りたがって【あなたの理解者】みたいな顔をして心をゆるしたところで色々聞き出し、その人が居ないところで悪っっく言う。聞き出す時の理解者の顔と聞き出した内容に自分の考えをはめて喋る顔には差がありすぎて別人なのかな?とあまりの豹変ぶりに、この人ボケが始まってるんじゃないか?言ってる事が全く違う?!と一瞬本気で心配しました。都会にもこういう人が居て、田舎だからとか、何処だからとかではなく、人なのですね。
私ごときが人の事あ〜でもないこ〜でもないと言えた身分ではないのですが。呆れたこの感情を書き記させて下さい。
皆もベラベラ自分の事話してるけど陰で何言われてるか教えてあげたい。ビックリするよ。
自分の考えだけが正解と圧をかける話し方をする。息もつかずにベラベラしゃべられる方にこちらは気持ちを言葉にできないポンコツなので、口ではいつも負けてますが、でも納得なんかしていない。強引で変なのは相手の気持ちも自分の思惑の範囲内で喋るので、例えば目玉焼きにはソースでしょ。醤油なんてありえる訳がないでしょ。と全てがこんな感じ。こんな人と家族でなくて本当によかった。尊敬する所も沢山ありますが、信頼できないのでどーでもいい話しかしません。
今、モラハラというのが話題ですが、テレビの質問で7つ以上丸がついたらモラハラという診断で、その人についてやってみたら7つどころが全部丸でした。

言い負かされて悔しい思いをしている所に新部さんのメイルが来て、救われました。あなたは嘘をつかない人、心から喜んだよ。有難う。
作・演出の田上君にも気持ちを言葉に出来ないで口で負けてしまう旨を愚痴ったら“流暢に喋る伊藤さんはあんまり見たくない。”と言われ、フォロー上手な人の作品に出られていがったと涙が出そうになる。あなたは誠実な人、心から暖かくなった。有難う。
有難いな。これでお金があったらひとまず、安心なんだけどな。
あ、あと頼れる兄弟も居たら、百人力なんだけどな。

兄弟が多い家族のお話。舞台に立つとその兄弟達が羨ましくて仕方ない。実話が元なので、リアルです。ある事件がメインですが、登場人物全員モデルが居ます。ご本人に敬意を表しながら、気持ちを渡して生きたい。


毎日稽古だから、役者として人として尊敬する、今藤洋子さんにお芝居観に来てと誘われていたけれど、行けないかもと半分断って居たけど、急に稽古がお休みになり行けた!
舞台凄く良かった。何でも自分の意見が正しいと息もつかず圧力かけてお話されるアノ方に観してあげたかった。少しはかえりみてみな。
そしてラッキーな事に終演後アフタートークがあり、ゲストに岩井秀人さんが出て来て凄く面白かった!絶対盛り上げてくれる愛と優しさと強さと機転を今年も確認出来ました。かっこいがった!

アフタートーク終了後、劇場のお外で公演終えた今藤さんとお話してたら帰路に着く岩井秀人さんが通りかかりお話も出来て凄く嬉しかった。岩井さん、遅刻してきてしまい最初のお芝居観て居なかった。と、今藤さんにあやまりながら申し訳無さそうに帰って行きました。アフタートークの最初にその事お話したみたいだけれど、トイレに行って居てそのお話聞き逃して居て、でもトーク中なんだか申し訳なさそうだな。と思っていたら真相はそれだったとスッキリ。かっこいがった!

お芝居にはでんでんさんが出演していらっしゃって映画『冷たい熱帯魚』の恐ろしい印象が強く、娘を愛する父役でしたが、何となく人殺すんじゃないか?とかハラハラして観てしまった。そういう印象持ったのは私だけではなかったとアフタートークで明らかになった。
今藤さんとおしゃべり中に岩井さんを見送り、少しするとでんでんさんがお外に出てらしてミーハー気質はあまり持ち合わせては居ないが発作的に手を差し出し握手して貰った。あったかくて柔らかい。人なんて殺せそうにない手だった。
よい作品だった。
役者さんも素敵だった。
会話劇をあまりした事がなくて役者さんの渡して行く様に惚れ惚れしつつ自意識の持ち方について考えた。
芝居は難しい。でも、口がたたれて自分本位の変な圧で口をつぐまされてるからこそ、台詞が欲しい。役が欲しい。その登場人物の言葉を借りて伝えさせて欲しい。愛を持った人と触れ合いたい。
お金も頼れる兄弟も居ないけど、役がある。厄は祓いたい。
今は『Mother-river Homing』2012年に初めて公演し、今年で3回目の公演となり、それが伊丹と高知と高崎へ移動してお芝居できる幸せ。と、あと、沢山のお金と頼れる兄弟!そして2/15以降の幸せな日々もイメージしつつ今回も長くなって御免なさい。
鍼治療の後なので、体ホカホカです。圧する人の嫌〜な感じも思いだしてしまったけど、他人は鏡と言います。私を映してあんな風になっちゃったのでしょう。申し訳ない事をした。田舎だからとか都会だからではなく私が変わらないといけないのだろうなあ。。。ベラベラ喋らせてしまいすみませんでした。
でも、私と話してない時も息もつかず話してるけど。





公演の詳細お知らせさせて下さい。

**********

キラリふじみ・レパートリー

『mother-river homing』



作・演出/田上豊



昭和55年8月の熊本。
板倉家では、母親のもとに6人の兄弟姉妹が久しぶりに勢ぞろいした。

そんな時、突然現れた1人の少女をめぐって、板倉家の結束を揺るがす、

秘められた家族の過去が明らかになっていく・・・。
キラリふじみアソシエイト・アーティストの田上豊が、実在の家族をモデルに、

躍動感あふれる熊本弁と独自の手法で繰り広げる〈記憶再生演劇〉。
好評を博した2012年の初演、2013年の再演に続き、

心を揺さぶる家族のものがたりが全国4つの地域で再び幕を開ける。



出演/

羽場睦子 伊藤昌子 島田曜蔵 櫻井章喜 用松亮 黒木絵美花 斎藤淳子

鄭亜美 高麗哲也 天明留理子 阿久津未歩 田中美希恵 鈴木燦




<富士見公演>
2015年2015年1月31日(土)18:00☆|2月1日(日)14:00*

☆アフタートークあり[ゲスト:松井周(サンプル主宰/劇作家・演出家・俳優)]



会場/富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ マルチホール

チケット料金/(日時指定・全席自由・整理番号付き)

一般 \2,500 高校生以下 \1,000
※未就学児の入場はご遠慮ください。



交通のご案内/

最寄駅=東武東上線「鶴瀬」駅まで池袋より準急で29分。東口よりタクシー8分。徒
歩20分。富士見市役所隣り。

みずほ台、鶴瀬、ふじみ野の各駅東口からの市内循環バス(有料170円)のご利用が
便利です。「富士見市役所」にてお降りください。

乗車時間は各駅より約10〜15分です。

(18:00の回)ふじみ野駅16:58発/鶴瀬駅17:30発

(14:00の回)みずほ台駅13:05発/鶴瀬駅13:36発

※31日はアフタートーク後、鶴瀬駅東口直行臨時バスを運行します。(有料/170
円)

※無料駐車場がありますが、富士見市役所及び会館周辺道路の整備工事のため台数に
制限がございます。





<高知公演>
日時/2015年2月4日(水)19:00開演(18:40開場)

会場/高知市文化プラザかるぽーと

チケット料金/(全席自由)

前売:一般2,500円 高校生以下1,500円 *当日券は300円増し。
※未就学児の入場はご遠慮ください。





<伊丹公演>
日時/2015年2月7日(土)19:00開演☆|2月8日(日)14:00開演

☆アフタートークあり[ゲスト:岩崎正裕(アイホールディレクター)]

会場/AI・HALL

チケット料金:(日時指定・全席自由・整理番号付き)

前売・当日共 一般2,800円 高校生以下1,000円
※未就学児の入場はご遠慮ください。





<高崎公演>

日時/2015年2月14日(土)15:00開演(14:30開場)

会場/高崎市文化会館



チケット料金/(全席自由)

一 般2,000円(友の会1,800円、高校生以下1,000円)

親子券2,500円(一般1枚+高校生以下1枚)
※未就学児の入場はご遠慮ください。

******

よろしくお願い致します。

*****************************************************

富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ

(公益財団法人キラリ財団)

〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬1803-1

TEL 049-268-7788/FAX 049-268-7780


http://www.kirari-fujimi.com/ http://www.kirari-fujimi.com/

Twitter https://twitter.com/#!/kirari_fujimi
https://twitter.com/#!/kirari_fujimi

******************************************************


今年は愛があふれてしまって大変っ!!って人間になるぞ!
そしてこのまま皆さんに会えるわくわくする暖かな楽しい気持ちでこれから台本と甘い時間を過ごします。
楽しみだなあ。
観に来てね。待ってるからね。

FUKAIPRODUCE羽衣LIVE vol.8無事に終わりました。有難う御座居ました。脚をお運び頂きました皆々様有難う御座居ました。関係者の皆々様お世話になりました。有難う御座居ました。関わってくれた全てのモノへ感謝。有難う御座居ました。その後すっごく寒い!寒いっ!寒いっ!痛いっ!ぎょの〜〜っ!!

もろこし太郎とポテトチップスばかりを食べて居たら、口が裂けてきた。
薬局へ青汁的なものをと走る。いや、実際には歩く。女性の店員さんが「野菜不足ですか?」と聞いてきたので『はい。』と答えるとこちらが手にしている箱を見て「それは体が冷えるのでこちらがいいと思います。」と。よくぞ、冷え性だと見破った。財布もかなりの冷え性でお家で暖房つける事ができない。日中は有難い事に晴れてれば何とかしのげるが、夜は過酷だ。鼻がもげるのではないか?足の指はちゃんとついているか?とカンカンに体が冷える。汗をかいたって何だか体の中が寒い。そんな状態だ。有難いアドバイス。グッドジョブ店員さん。国産のモノは買えず、安い中国産のを買った。この口が治ったら赤ずきんちゃんを食べに行こう。

あっという間に年末になり、今年も貧乏な一年だった。一年前は来年こそは!と思っていたのだがやはり今回も子供にお年玉もあげられない。
同級生の子は続々家を買い始めている。
数日前、遊びもご飯も同い年の子におごって貰う(サズというトルコの楽器の演奏。何を弾いても悲しく聞こえて、もう生きてるのが更に切なくなってきたが、演奏者はとても陽気でおしゃべりがうまーい!モテそう!)。その後、何でも好きなもの頼みな。と中華料理屋さんへ連れて行ってくれたので、好きなものどんどん頼んで歩けないのではないか。という状態でバイバイをする。泊まりに来なねー、旦那も大歓迎だよー!と手を振り小さくなる彼女に、養女にしてくれー。と念を送り来年の目標はこれかなと密かな野望を掲げる。お金がないという友人にもドリンクバー出して貰う。大丈夫なのだろうか?青山円形劇場で公演した『よるべナイター』がプカプロ(FUKAIPRODUCE羽衣の略:以下、フカプロ)初観劇だったのだが、『先っちょぬれるし、涙でぬれるし』と言う。そんな下ネタを言う心理はこの人もオレを女と見ては居ない雄の一匹だ。と確信する。しかし、役者としては嬉しい感想だ。またフカプロ出させて貰えるか分からないが、どっちにしてもまた来いよ!いや、股、来いよ!と念を送りバイバイした。大物にもおごって貰う。フカプロ観に来てくれた優しい社会人の方々にもおごって貰う。おごってくれる人は本当に優しい。

ライブが終わってからの口裂け女になった熟女の近況はこんな感じだ。

その2週間前のライブでは『NEKOKKE!!』を歌わせて貰った。
去年夏に公演した作品の中の一曲だったので“夏”とか“風鈴”とか歌詞に出てきたのだけど、逆にこの時期に意味深でいいのではないだろうか。と思ったがどうだった?
本公演でもとても気持ち良かったけど、バンドさんで歌わせて貰えるなんて本に感激!贅沢だった。
足をお運び頂きました皆々様、有難う御座居ました。関係者の皆様、お世話になりました。鯉和宅から来たニャギラ(曲中話し相手になってくれた猫のヌイグルミ)お疲れ様でした。有難う御座居ました。協力・助けてくれた森羅万象に有難う御座居ました。

2014年もあと数時間。個人的には明日も特に365日の一日にすぎないのだけど、部屋も汚いまんまだし。色々な支払いも出来ていないし。でへへ。本当にもう。。。!!

来年、もし宜しければ、今年よりも仲良くして下さい。
そして、絶好調に健康で、元気で、愛いっぱいで、お金も沢山あって、愛だらけで、余裕いっぱいで、愛で、愛につつまれちゃっててえ〜!
よいお年を。
有難う御座居ました。