読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年の8月11日は木曜日なんだけど今年から山の日という祝日になって休みなんだって。海の日があるなら山の日もということで作ったらしい。お盆前に設定する予定だったけど、日航123便墜落事故と同じ日なので8月11日になったとの事。日付に意味はないらしい。

バッカスが私の前から姿を消し♪季〜節の変わり目をあなたの心で知るなんて〜♪(←秋冬:高田みづえさんが歌った歌です)と悲しんでいたらレッドホットチキンの食べられるいい季節になりました。寒い時期のバッカス(ロッテのチョコレートです)と暑い時期のレッドホットチキン、どっちがいいかなんて私には決められない。ただ、今、目の前に居てくれるかが大事なの。こんな事書いているとアレみたいだな、アレ、アレ!あの♪ひとりぼっちよりもましだから愛してる〜♪あああっつっ!『サロメvsヨカナーン』だっ!

暑の夏い、8/11(木・祝)山の日にイベントします。フカプロ(FUKAIPRODUCE羽衣)の『サロメvsヨカナーン』がカラオケに入ったのを記念しみんなで集まろうよ!応援してくれたみんなの手柄だワッショイワッショイ!祝おうよ!!

最初から説明すると、FUKAIPRODUCE羽衣(フカプロ)という妙なミュージカル、略して妙ージカルをする団体が「サロメvsヨカナーン」という妙ージカルを公演し『サロメvsヨカナーン』という主題歌がなんとっ!カラオケに入ったのです。

先日「サロメvsヨカナーン」出演者全員とスタッフさんは全員来られなかったけど一足先にお祝いしました。何回歌ったんだろう。皆で歌うにはとてもいい歌です。一人で歌うとちょっと大変かもしれない。

だから皆で歌いましょう。でも無理にうたわなくても大丈夫。というサブタイトルついています。遊びに来てね。

会えたら嬉しい。バッカスよりもレッドホットチキンよりもあなたと過ごせたら凄く嬉しい。

待っています。以下、詳細です。

司会者は「サロメvsヨカナーン」でワイルド系の男を演じた枡野浩一さん。教科書に短歌が載っている歌人です。おもろ人間です。みんなで待っています。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

♪♪ゾロ目のうた、こと「サロメvsヨカナーン」のカラオケ配信開始しました♪♪

8月11日(木・祝)イベント開催決定!

イベントタイトルは…

『FUKAIPRODUCE羽衣の"サロメvsヨカナーン”がカラオケ入ってうれしいからイベントします!

みんなでうたおう!でも無理にうたわなくても大丈夫。遊びに来てね。)』


日時◆

8月11日(木・祝)

19:30start(18:30open)

会場◆Loft9 Shibuya

東京都渋谷区円山町1-5KINOHAUS1F

料金◆1,500円+1drink

出演◆

深井順子 糸井幸之介

鯉和鮎美 高橋義和

澤田慎司 キムユス

新部聖子 岡本陽介 浅川千絵

(以上、FUKAIPRODUCE羽衣)

伊藤昌子

MC/枡野浩一

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

約一ヶ月前、6月12日(日)キラリ☆ふじみで田上豊君作演出で『Mother-river Welcome〜華麗なる結婚〜』のお題のお芝居無事に打ちあがりました。更新おっそくなってしまいました。すみません。お忙しい中足を運んで頂けました皆々様誠に誠に有難う御座居ました。力を合わせてやってきた皆々様誠に誠に有難う御座居いました。そして本日は選んで挙げる日でした。

暖かくなって参りました。開放感とか、服とか裸同様の格好したりとか度をこしてしまわないか心配です。もの凄い肉が出てしまう事になります。
そして本番終わって一ヶ月もの間ブログ更新もせず、全くあきれます。でもあんまり見ている人もいないでしょうから、あまりに悪びれるのも自意識過剰ではないか。とそれはそれで変なのかなという心配もあります。
先月6/12(日)『Mother-river Welcome〜華麗なる結婚〜』無事に終わりました。足をお運び頂いた皆々様、関わられた皆々様有難う御座居ました。感謝の気持ちと共に本当に凄く懐かしいです。
稽古から本番中は上野樹里さん結婚、北海道児童置き去り、清原清和有罪、長友佑都氏が平愛梨さんをアモーレ、ベッキー復帰会見、舛添知事政治資金疑惑(その時は辞職しないと言っていました)、ファンキー加藤氏が不倫、三遊亭円楽氏も不倫等がありました。円楽氏のお相手は20歳年下という事で私も該当するのですが、円楽さんに口説かれたら行ってしまうかもしれない。感じします。記者会見が良かったです。凄く強くて面白くてナチュラルでこっちからちょっかい出そうとは思わないですが、何か言われたら、あれっ?そうですか?なんて言いながらついて行きませんか?先方の思う壷です。お後が宜しいようで。とか言っても妻子ある人とのそういうのは良い事ではないのでお勧めするのは変ですが、素敵でしょ、だって。
開き直った空気で申し訳ないですが、あと、フカプロ(FUKAIPRODUCE羽衣)の制作:坂田さんが髪を切ってエレガントから可愛くなった。美人は何をやったって大成功ですが、今回も大成功。あと、4.5.6月の三ヶ月間フカプロのメルマガに参加させて貰いました。一ヶ月のつもりで編集長(フカプロ劇団員:高橋君)は誘ってくれたと思うのですが、私は話が長い。申し訳ない。
そうこうしていると七夕も過ぎて今年も7月半ば。もう7月か。とまだ7月か。と。確実な計算では一年の半分は過ぎた。
一年の半分位の時に自分では記憶ないけれど生まれたらしくキラリ☆ふじみ公演『Mother-river Welcome〜華麗なる結婚〜』が終わってから年をとりました。運命なのか宿命なのか?生まれた時が天中殺だか大殺界だかで自分にとって一番ついてない時に生まれてきてしまったとある占いでは出ています。間が悪いのは生まれつきだとそう思えば自分を理解できるし諦めもつきますし、今までの歩みは納得できるのですが、一説には石原裕次郎がそうだ、美空ひばりもそうだ。と聞いた事があります。これは短大の時にマブダチだったミエコが調べてくれてずっと言い草にしています。人とのコミュニケーションがうまく出来ない私だけれど裕ちゃんがいる。お嬢(美空ひばりさんの愛称)もそうだった。と。同じライン上にいる!とひとり部屋で考えたりしていると年々根暗に拍車がかかっている実感が沸きます。そんな私の誕生日は『Mother-river Welcome〜華麗なる結婚〜』後に来るので別に何とも思わずに公演楽日は居酒屋:大吉での打ち上げに参加していました。帰ろうとするとどこからか、いや、個室と厨房を仕切るふすまの方から♪ハッピバースデートゥユー♪とあの歌が聞こえてきて、ケーキが登場した。お!今日は誰の誕生日だっ?!とプレートを見ると私の名前があるじゃないか。知らなかったサプライズ。いや、サプライズだから知らなかった。私は帰る為に背負ったリュックを置き、ケーキに喰らいついた。A4はあろうか?丸ではなく四角いお洒落なケーキはキラリ☆ふじみ前にあるららぽーとで買ったのか?演出部の久保さんが買ってきたとケーキを食べながらだったがそんな情報が耳に入って来た。でも目の前にケーキがある以上お礼は後だ。まずはケーキだ。久保さんは今年結婚し、新婚ホヤホヤだ。私は彼の独身時代も知っている。いずれ奥さんになる彼女と交際を始めてから更に優しくなって、人付き合いの苦手な私も話し易くなった。久保さんの印象はフェミニストだ。奥さんはとってもキュートで自己紹介で『どうも、マサコ・デラックスです。』と挨拶したらすぐに名前を覚えてくれて人見知りな私でも話し易い。これはマツコ・デラックスさんが居たから覚えて貰えたので感謝が必要だが、まずはケーキだ。そして久保夫人はお芝居の事も参考になる事を言ってくれる。感謝だ。ケーキは結構食べた。皆な『持って帰りな』とか『全部食べな』とか言ってくれたのは私のケーキへ対する剣幕がもの凄かったからだろう。しかし皆の意見にケーキだからって甘えてはいけない。私もひとつ大人になるのだ。皆で食べよう!そして間の悪い時に生まれた私を祝い給え!そう自分にけじめをつけて食べるのをやめると『結構食ったな』とか言われた。うん。美味しかった。お金はどこから出たのだ?結局、久保さんにお礼は言わないまま帰ってきてしまった。御免なさいそして有難う更にご馳走様でした。
そして、フカプロでも誕生会に参加させて貰った。6、7月は結構生まれた人が多い。人が多いと言っても、間の悪い時に生まれたのは私だけではないだろうか。振付けの木皮君、作演出音楽の糸井氏、制作の坂田さん(残念ながら欠席)、高橋君の中に私も入れて貰った。やっぱり間が悪そうなの私だけのような気がする。そんな私に皆がプレゼントをくれてケーキを食べさせてくれた。何より私を忘れずに居てくれたというのが幸せである。宿命だったか運命だったかどっちかは変えられるらしい。間が悪いというのならちょうど良く私の名前から“ま”をとるか?すると私は“さこ”になり、間抜けとなる。どうする?どっちがいい?答えられない。
この一年の豊富を聞かれ、皆なそれぞれ発表した。私は『整理整頓』としたが未だ部屋も文章も散らかっている。この一年で何とか出来るだろうか。皆な有難う。毎日日よけ使っています。
46歳になりました。同級生の孫達がどんどん大きくなってきています。46歳も様々で、新垣隆氏、酒井法子さん、ナオミ・キャンベルさんが同級生。誕生日がきておらずまだ45歳の人もいますが、人生46年迎えると有名人だから身内でなくてもマスコミから色々あった事が分かる部分がある。
そして年齢にちなみ四六時中も好きと言って夢の中へ連れて行って忘れられないHeart&Soulとして今回はやめとくか。愛をそのままに。
有難う御座居ました。
うおあっつっ!昨日発売になった演劇ぶっくにフカプロがっつっっ!
うおうおうおあぅつっ!そして、フカプロの曲がカラオケになるうっつっつっっ!
2013年2月1日(金)〜11日(月・祝)東京芸術劇場:シアターイーストでのFUKAPRODUCE羽衣 第15回公演「サロメvsヨカナーン」の劇中歌より『サロメvsヨカナーン』がカラオケになるう!明後日からが予定日だあ!うお〜〜!
配信対応機種:LIVEDAM STADIUM
リクエストNo.:7376-97
曲名:サロメvsヨカナーン
歌手名:FUKAIPRODUCE羽衣
歌唱開始予定日:7月12日より。


[追記]あと、最新号のテアトロにもフカプロ載ってるよ。と青年団という立派な劇団の役者仲間が教えてくれました。私はまだ確認してないのですが、もしよかったらそちらも見てみておくれえ。何月号なの?最新号としか言ってなかったけど。何月号なの?7月なの?8月なの?どうなの?のじさん!そういうとこ!

フカプロ(FUKAIPRODUCE羽衣)イトイーランド、東京は吉祥寺シアター、伊丹アイホール終了しました。劇場まで足をお運び頂きました皆々様!有難う御座居ました。関係者の皆々様!有難う御座居ました。不倫は文化かは自分では答えが出せませんでした。有難う御座居ました。またお会いできますのを楽しみにしています。

どうですか。私の楽しみを実現させて貰えませんか。会いにいらして下さい。
来月6月9日(木)〜12日(日)迄、埼玉の富士見市役所の所のキラリ☆ふじみでお芝居します。今、稽古中だよ。
http://www.kirari-fujimi.com/program/view/484


イトイーランド。4/29(金:祝)に伊丹AI・HALLで無事に打ち上がりました。毎日、毎日、鯉和鮎美に髪を結って貰っていました。自分の事は後回しにしてまずは私の事をしてくれるのです。王妃の役を貰ったので王妃っぽく偉さを出す為に髪の中に詰め物をして頭をとんがらせてくれました。出来上がると今日はとんがりが曲がってる。とか今日はうまくいった。とか言うのだけれど、そんな見栄えは小さいものに思える鏡前。愛情をこめて結ってくれているのにそんな事を言うのは失礼かもしれないけれど、鯉和に結って貰える事が私の元気となっていたのです。曲がっていようが、二股になっていようがとんがりには愛と勇気が詰まっていました。その中身がこぼれていたのでしょう髪型を触りにくるお客さんも居ました。物販の鯉和のプロマイド買いサインをして貰ったー。嬉しい!可愛い!有難う、鯉和。お陰で思う存分威張れました。あ、あと、地球とお寿司屋さんの女将と愛人をやらせて貰いました。あ!スペースデブリも!ずっと扉座の岡森諦さんとご一緒でした。なんせ私達は不倫関係だったのですから。諦、いい名前でしょ。「あきら」さんでしたが「つまびらか」という読み方もあると教えてくれました。声もいいよ。お世話になりました。勉強になった。面白かった。感謝。元気かなあ。絶対、元気だな。
今回の公演には未希ちゃんと里子という強力助っ人が演出助手で参加してくれました。作演出音楽の糸井氏が私の演技で不機嫌になってあーでもないこーでもないと駄目出しするのだけど、もう絶対明日まで機嫌直らないだろうな。と、次のシーンの稽古に関わる役者に飛び火するかも。。。と責任感じていても次の瞬間、未希ちゃんや里子の顔を見て仏様の様な笑顔で談笑しているのです。この二人は何者だ?!と私も接触すると、やっぱり笑顔になってしまうのだよね。何なんだ?あの安らぎは。合法なのか?
未希ちゃんは他のお仕事があって本番は最後までご一緒できなかったけど、察しの悪い私に呆れる事なく面倒を見てくれました。忙しいだろうにドジな私にだけ降りかかる不幸に本当に面倒をみてくれたという言葉がぴったりでした。里子は伊丹の楽日まで一緒にいてくれて舞台袖の早着替えをずっと手伝ってくれました。早着替えなのに慌てない感覚なのは里子から出てる和みパワーのお陰ではないでしょうか。控えめである。優しい人である。芝居が好きである。スケベである。里子はそんな子だと思います。
衣装は今回お初の、みのもまりか(呆気衣)さん。色んな注文を快く引き受けてくれるカラフルガール。「甘え子ちゃん太郎」「耳のトンネル」あと''KATO'Sキッチン''でお馴染みの加藤律氏の洋服は大体、みのもさんが作ったものでそれが可愛い事から今回皆んなの衣装を作って貰う事になりました。舞台衣装は初めてなんだって。お客さん衣装誉めてくれて、私は長いキラキラした袖がついていたのだけどそれをヒラヒラさせていい気になっていました。一夫多妻制のイトイーランドの夫人、7人いますが、お立ち台の上でソロを歌うのですが貰った歌詞もキーもキラキラも気持ち良かった。照明さんも音響さんも大御所歌手に。私達を。有難や。
今回もパンフレットを作って貰いました。カメラマンの金子愛帆さんが実物より可愛く撮ってくれました。制作の坂田さんや林さんや里子もおだてるのでソノ気で写真撮影させて貰いました。キレイよーとか言ってくれるのです。
そうかと思えば実はブサイク専用のヘアカタログに参加していました。『ブサヘア』というのだけれど、「ブサイクだけを集めてヘアカタログ作る企画あるけどやらない?」と言われて、やりました。薄々感づいてはいましたが、こうもはっきり、ブサイクですよ。と言われ、誰が?と耳を疑ったのも束の間、あ、私の事ね。と観念し現実を受け止め参加しました。
撮影は数年前だったのだけど最近話題になってるみたいです。その企画に参加した事を伝えてなかった友人が気付いて連絡くれた時に、あぁ、良かった。と、ブサイクで良かったんだ。とホッとしました。美人になりたいとか、この角度からだと沢尻エリカにちょっとは似ているんじゃないか?とかもう自分を慰めるのをやめます。お時間ある方「ブサヘア」見てみて下さい。イトイーランドの稽古中に数人から連絡貰った名誉ある企画です。お客さんからも「見たよー。」と声かけても貰いました。有難う御座いました。http://busahair.com
イトイーランドが終わってから5/7号のテレビブロス枡野浩一さんのコラムでイトイーランドが取り上げられていて友人が記事を写メで送ってくれた。そんな事があった公演。
あ、唐組出身の深井とひだかがその主宰とも再会を果たした公演でした。また私も。。。
今回の舞台ご一緒した、佐助君は唐さんのご子息。似ている。ハッキリしていてユーモアの男子。天使。

そして、そして、今、私は稽古中です。
埼玉県の富士見市役所の所のキラリ☆ふじみで来月お芝居するわよー!
作演出は田上パルの主宰でもあるアソシエイトアーティスト田上豊君です。田上君のお母さんの実家がモデルだよー。
第二弾です。第一弾は舞台となる板倉家の兄弟は6人だったのだけど、実は盗まれた赤ん坊が居て7人兄弟だった。その子が大人になって家族に会いに来るというお話でした。足掛け3年公演させて貰いました。地方にも行ったよ。その第二弾を今、稽古中です。結婚がテーマよー。信頼出来る兄弟がいて良かった。と思います。台本上の話。羨ましい。台本が本当に羨ましいですっ!!!頼りになる兄弟。信頼出来る兄弟。私も欲しかった。あ〜あ。。。欲しかった!羨ましい。。。



*****

キラリふじみ・レパートリー新作

『Mother-river Welcome−華麗なる結婚−』

マザーリバーウェルカム

作・演出 田上豊

続きを読む

田上パル『合唱曲58番』無事終了しました。東京はこまばアゴラ劇場から始まり終わりは北九州芸術劇場で幕となりました。ココには安らぎの神が居るのではないか?と言う程に付き合いの悪い私でも付き合いのいい私になっていました。色んな事にハッとしました。北九州でも沢山のお客様に恵まれました。おいで頂いた皆々様有難う御座居ました。関係者の皆々様有難う御座居ました。北九州から戻り咳が止まらず、薬を飲んだり吸ったりしています。そしてフカプロ(FUKAIPRODUCE羽衣の略)『イトイーランド』稽古中です。

こぼれる、こぼれる。田上パルがこぼれます。去年から始動した『合唱曲58番』ですが、とうとう2/28(日)うるう年だったので2月を1日残し北九州芸術劇場で無事に打ち上がりました。こんな私にも九州に数人友人が居ます。子供と観に来てくれたり、旦那さんと観に来てくれたり、お芝居が友人と再会させてくれました。数年ぶりの再会は涙が出ました。日郄のご両親にも会えました。天使から俺は産まれたと話して居たのだけど、お母さん、お父さんに会えてこちらも涙があふれました。天使だった。産んでくれて有難うを伝えられてスッキリしました。
また、劇場の近くに北九州で有名なお坊さんが居て占いをしてくれるというので見て貰いました。部屋に入るなり厳しい顔で蝋燭をつけお線香を灯します。私が内向的だと言う。色んな事が出来るタイプではない事も包んで言ってくれる。そしてかなしみをしょっている。と言って頭を抱え出しました。蝋燭と線香はそんな私の為に焚いて下さったのだそうです。蝋燭と線香が必要になる事はめったにないんだよ。と言っています。みてもらった日の次の日に本番後北九州をたたなければならない事情に『明日帰るんでしょ?もう来ないんでしょ?』を何度も確認してきます。もう来ないかは分からないけれど、来る予定はない状態です。どうしよう。困ったな。と言いながら呪文を小声で唱えながら、ヨシ!とお坊さんは立ち上がり、次の人がまだ来ていないのを確認すると電気を消して私にも線香を灯すよう言って、ご祈祷をはじめて下さいました。蝋燭の光だけの神秘的な空間にお坊さんは私の名前を言ってくれます。お坊さんの後ろでずっとお経を聞いていました。ご祈祷が終わると『蝋燭の光もなかなかいいでしょ。』とお茶目な事を言います。亡くなった母とお坊さんはお話してくれた様で、明日は来なくてもいいだろう。となりました。ご祈祷が始まる前は11時の劇場入り前に来るつもりだったのだけど、お坊さんも9時から約束があるとの事だったので私が8時にお邪魔してもいいですか。と問うと一瞬、来られるの?とホッとしてくれていたのですが。どうやら今日で終わりのようです。お坊さんでの時間が長かったのを田上君と田上パルな奴らがどうだった?と聞いて来ます。落ち込んでいたのだけど、元気な人に話すとこっちもちょっとは回復するのだ。少し楽になる。
内容はとても重くて今は言えませんが、いつか、あんな事言われた。となったらいいなあ。お芝居をしに行きましたがお芝居にとどまらないものを田上パルは。。。
主宰の田上君とはキラリふじみという劇場で数年前からお芝居を一緒に作っていました。出会った当時を振り返ると今のこの思いが嘘みたいに他人行儀だったと感じます。稽古場の雰囲気が安心感と癒される空気に満ち溢れていてへそ曲がりで申し訳ないけれど稽古場での笑い声は自分の番でも自分の番じゃなくても感覚が揺らぐ印象でしたが、自分も笑った笑った。稽古場は田上君そのものだったのだろう。稽古後の付き合いの悪い私でさえ付き合いのいい私にしてくれました。
稽古期間中はDAIGO氏と北川景子ちゃんが結婚、スマップ解散騒動、ベッキーゲスの極み、清原覚せい剤逮捕とそんな事がありました。あとフカプロの日郄がペットのぴよちゃんとシアターガイドに載りました。いつか会いたい!ぴよちゃんに会いたい!そんな事がありました。ぴよちゃんはセキセイインコです。真っ白い。真っ白いセキセイインコ初めて見ました。
とても心に残る公演になりました。今は全てに感謝です。
『合唱曲58番』で好きな台詞は歌手になりたい恋人に彼氏は歌手なんて無理、現実を見ろ。と言います。二人とも中学生です。それに対して、あなたの言っている事はいつも正しいけどなんか狭い。と彼女は言います。この「狭い」を聞いた時に私は私にこれが言いたかった。と胸を打たれました。伊藤杯今年の流行語大賞は「狭い」です。あと、3年振りに教え子に会った教師が相変わらずな生徒に。何も変わっていない。すぐ切れるし。という台詞も流行語です。ちょっと説明がうまくなくてアレなんですが。
ちなみに今日は恋人に「狭い」と言った長野海ちゃん出演の遊園地再生事業団を観に行って来ました。受付には田上パルで一緒だった制作の有上さんが居てくれて笑顔になっちゃう。「500円になります。」と聞こえて、それも笑顔になっちゃう。でもただの500円と言う事はないだろう何千500円かな?何千円の部分聞き逃しちゃったな、聞き直すのも恥ずかしいな。と大きなお札を出したら絶対足りるだろうと大きなお札を出すとおつりからして観劇料0千500円。アレ?いいのか?と劇場に入るとプレイベント、稽古でした。公開稽古。本公演は3/8(火)からです。はじめ稽古のシーンを芝居してるのか。と思って観ていたら本当の稽古でした。あ、2回同じ事言っちゃった。演出の宮沢章夫氏が大人の余裕を見せて駄目出ししていて、そういうお芝居かと思った。実際に本公演観たくなりました。全く怒らないの。駄目出しは演出家のユーモアにかかっていると思うのだけど。田上君も糸井氏も駄目出し面白い。駄目だった部分をうまい事言われると命が輝く感じがする。海ちゃんはメイルでちゃんと説明してくれたのに私がザックリ日程だけ抑えて行ったのです。連絡事項はよく読むように今後気を付けます。前に共演した、黒木さんと鄭さんも出てて終演後客出しに来てくれて嬉しかった。アフタートークがあって田上パルで一緒だった美術家の濱崎賢二氏、通称はまちゃんが舞台でお話していて何だか照れ臭かった。はまちゃんとは田上君と一緒にキラリふじみで数年前から舞台作っていましたが口数の多い感じではないし私も人見知りであまり話す機会がなかったのだけど、今回音楽の先生役になり両手でピアノを弾くシーンがあり、一瞬なんだけど両の手で弾くのはもの凄く時間がかかる作業で劇場の片隅で何とか指を動かせるかな?と練習していたら、区切って練習するといいよ。と話かけてきて私が何日もかけて動かせる様になった鍵盤を一瞬でタラララと弾きはじめました。おとなしい顔をしながらなんてデリカシーのない人だ。とあきれたのもつかの間、はまちゃんはピアノが弾ける人だった。それがキッカケで仲良くなりました。はまちゃんも客出しで来てくれた。有上さんも来てくれた。海ちゃんの便秘が取れた様な笑い声も聞けて楽しい帰り道でした。あ、まだ帰り道の途中。ネットカフェです。
あ、日郄から電話だ!

そして、北九州から戻り、フカプロ始動です。咳が止まりません。心配してくれている演出もプロデューサーも早く治さないとそろそろ怒り出すぞ!薬沢山飲んでいるのだけど、マシにはなってきているのだけれど。もう一声っ!みんなにどうかうつらないように。気がかり。
劇題『イトイーランド』!おめでたい私の知り合い達は『イトーランド』と勘違いしています。類は友を呼ぶ。私が呼んだ人達だとしても、よく見なさい!と私は勝ち誇った様に注意します。
ちなみに『イトーランド』ではボランティアでお部屋の清掃をして下さる方を募集中です。もう私の許可なく捨ててくれてかまいません。それ位絶望的なランドになって居ます。ミニマリストですか?あの、何にも物欲ない感じで過ごせる方々。もうそういう感じにしたいのですが、どうしよう。『イトーランド』はそういう話になります。
『イトイーランド』は全く違うお話です。妙なミュージカル、妙ージカルな世界へお連れします。
もう一度位中間ブロク更新出来たらよいのだけど。
出来ないかも知れない。そんな時の為に今、言おう!劇場でお待ちしています。


************************

FUKAIPRODUCE羽衣 第20回公演
『イトイーランド』
プロデュース◆深井順子
作・演出・音楽◆糸井幸之介
2016/04/14(木)-24(日)東京/吉祥寺シアターにて
2016/04/28(木)・29(祝)伊丹/AI・HALLにて

◆出演◆
深井順子 日啓介
鯉和鮎美 高橋義和
澤田慎司 キムユス
新部聖子 岡本陽介 浅川千絵
(以上、FUKAIPRODUCE羽衣)
伊藤昌子 幸田尚子 高山のえみ
大鶴佐助 岡森諦(扉座)

◆日程・劇場◆
東京公演◇吉祥寺シアター
(JR中央線京王井の頭線吉祥寺駅、北口から徒歩5分。)
4/14(木)19:00
15(金)19:00
16(土)14:00/19:00
17(日)14:00
18(月)19:00
19(火)休演日
20(水)19:00
21(木)19:00
22(金)14:00/19:00
23(土)14:00/19:00
24(日)14:00

伊丹公演◇AI・HALL
(JR宝塚線伊丹駅下車、西側すぐ。または、阪急伊丹線伊丹駅下車、東へ徒歩約7分。)
4/28(木)18:30
29(祝)14:00

※当日券の販売は開演の40分前、会場は開演の30分前を予定しております。

◆チケット(全席指定)◆
☆2/13(土)12:00先行販売開始☆
先行販売期間2/13(土)-2/29(月)限定チケット
①東京前半日程(4/14-18の公演)早割:3200円
②東京後半日程先行特典付:3500円
③伊丹公演先行特典付:3000円

★3/6(日)一般発売★
【東京公演】前売:3500円/当日:3700円
【伊丹公演】前売:3000円/当日:3200円
【両会場共通】
さいふにやさシート:2000円
(各回枚数限定、当日引換券、やや見づらいお席になる可能性がございます。)
ウルトラマニアチケット:10000円
(羽衣マニア向けのスペシャルチケット、チケット2枚分とお土産付。)

◆劇団ホームページ◆
FUKAIPRODUCE羽衣
http://www.fukaiproduce-hagoromo.net/

************************

田上パル『合唱曲58番』東京公演無事に昨日終わりました。ご来場頂きました皆々様有難う御座いました。関係者の皆々様お世話になりました。有難う御座いました。お疲れ様でした。関わりあってくれた全てに感謝です。有難う御座いました。

今日、ピノ(一箱に6粒入ったアイス)を買って食べましたら、左下に星型のピノがひとつ入って居ました。携帯電話で写真撮ろうと思いましたがストレージがいっぱいです。のメッセージが出たので撮らずに食べました。一番最後に。
田上パルの東京公演が昨日無事に打ち上がりました。今日の星のピノは有終の美を飾ったに違いない舞台とこれから立つ北九州の舞台の幸先いいのを告げてくれている。と思う事にします。
沢山のお客様に恵まれました。最終日はお帰り頂いたお客様もいらっしゃったと聞きます。足をお運び頂き有難う御座いました。すみませんでした。
完全に終わるのは、来月2/28(日)です。
旅公演が終わったらまた。
有難う御座いました。

明けた。

2016年、さる年。明けまして有難う御座居ます。旧年中も大変お世話になりました。今年も様々なところでかさばるかと思いますが、どうか見捨てずにひとつ宜しくお願い致します。
去年から風邪をひいて居りまして、ティッシュを大量に使って居りますが、いいヤツではないので、顔中ティッシュで荒れて居ります。新年明けての一回目の鼻かみでは出血を確認しました。中が切れているみたいです。自分には血も涙もないか。と反省する反省ザルの様な一年になりはしまいかと恐怖におののいた新年もあなたは人の子。神の子。という天照大御神のメッセージを鼻血で聞いた様な気になりました。勝手にです。勝手なりに出血大サービスの年にするぞう!
また料理をする時、手を切らない様に包丁を握らない逆の手は猫の手にしてそえますが、大根の千切りや玉菜の千切りの際、千切りの自分のリズムにテンションがあがり、『握った包丁はハミングバードの羽根』とスピードへの挑戦心に火がつきます。いつもそうです。そして切らない様に猫の手にしたはずの左の親指を毎回切っています。同じ場所。第一関節。私の左の親指は治っては切られ、切られては治りを繰り返す日常に色素沈着をしています。まな板の上で真っ白な大根が血に染まっていく様は、昭和の大女優、浦辺粂子さんが大根役者になりたくないから大根は食べなかった。その信念を紅白で肯定している様にも見えます。

野菜が高騰する中、相場で見つけた大根を喜んでホイホイ買ってきて安易に食べる。女優はそんな甘いものではない。親指を切る度に浦辺粂子さんを思い出します。大根の時です。玉菜の時はまたやったか。と呆然となるのみです。顔が母方のお婆ちゃんに似ている事もあり、お姿をみる度に癒されました。手先も器用で(?)マジックをされていましたが、ウチのお婆ちゃんも手先が器用で料理も裁縫も何でも上手でした。明治生まれだったので何もない時代を生きてきたから何でも自分でやらなくてはいけなかったとは思うのですが。
新年明けて鼻と指から出血サービスし、尊敬する大女優、浦辺粂子さんと大感謝しているお婆ちゃんを思い出させて頂きました。誰も喜ばない出血も、今年は物理的ではなく意味を重視してやって行きたい。出来るか?出来るのか?オレに?!

もうじき。17日(日)から本番が始まります。田上パルに参加します。
田上君とお芝居を初めて作ったのは4年前ですが、田上パルは初参加です。
平成の誠実男、田上豊君主宰の劇団に参加します。こんな息子が居たら私はかなりの親バカになります。いつも元気なので心裏腹に落ち込んで居てもいつの間にか元気になっていたりします。まぶしいー。
お話は熊本の小・中学生のお話です。方言でお芝居は進んでいきます。私も方言のある地域で生まれ育ちましたが、方言の力を改めて感じています。自分が話していた言葉達ではないけれど、懐かしい。
公演は、東京と北九州でやっちゃいます。
観にいらっしゃいませんか?
私は初めて関わる作品ですが、再演です。


=====
【東京公演】

田上パル第16回公演『合唱曲第58番』

風に漂い、走り抜けた思春期。あの頃、ぼくらは無敵だった。

昭和の終わり頃。過疎化の進む熊本の田舎町で暮らす子どもたち。
ラジオ体操、林間学校、保健の授業、阪神大震災、転校、原っぱ、保護者面談、夏休み、卒業式・・・
小学生時代と中学生時代の二部構成で、ゆらゆらと煌めく思春期の少年少女を瑞々しく描き出す。
幾多のシーンが紡ぐ、<ひごもっこす>たちの時間。

初演時に大きな反響を呼んだ劇団代表作、待望の再演!

作・演出:田上豊

▼出演
能島瑞穂(青年団) 日郄啓介(FUKAIPRODUCE羽衣) 飯田一期 長野海(青年団
緒方和也(Studio Life) 伊藤昌子 安村典久 高橋義和(FUKAIPRODUCE羽衣) 野田慈伸(桃尻犬)
江花明里 福田健二 飛知和寿輝

▼公演日程
2016年1月17日(日)〜27日(水)
1月
17日(日)14:00★
18日(月)19:30★
19日(火)14:00 ★/19:30★
20日(水)休演日
21日(木)19:30
22日(金)19:30
23日(土)14:00/19:30
24日(日)14:00
25日(月)19:30
26日(火)19:30
27日(水)14:00
開場は開演の20分前、受付開始は開演の1時間前

▼会場
こまばアゴラ劇場
目黒区駒場1-11-13 TEL:03-3467-2743
京王井の頭線駒場東大前」駅 東口より徒歩3分

▼チケット料金
◎一般
前売3,000円/当日3,500円
★=前半割 前売2,800円/当日3,000円

◎高校生以下
前売・当日とも 1,000円

※日時指定・全席自由・整理番号付
※未就学児入場不可

▼チケット取り扱い
田上パル http://www.tanouepal.com 090-4074-5395

=====

【北九州公演】

▼公演日程
2016年2月27日(土)〜28日(日)
2月
27日(土)14:00
28日(日)14:00
開場は開演の20分前、受付開始は開演の1時間前

※託児有(有料・定員有・要予約)<9:00〜19:00受付>
お問い合わせ フリーダイヤル0120-400-829/TEL:093-882-5063

▼会場
北九州芸術劇場 小劇場
北九州市小倉北区室町1丁目1-1-11 TEL:093-562-2655

▼チケット料金
◎一般
前売2,500円/当日3,000円

◎高校生以下
前売・当日とも1,000円
※日時指定・全席自由・税込
※未就学児入場不可

▼チケット取り扱い
北九州芸術劇場 プレイガイド(10:00~19:00)
オンラインチケット 北九州芸術劇場HP
電話 093-562-8435(10:00〜17:00土・日・祝を除く)
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード446-548)
ローソンチケット 0570-084-008(Lコード88846)
田上パル http://www.tanouepal.com 090-4074-5395


年末には、公開の通し稽古をしました。全部は通せなかったけど、観に来てくれたみんなぁ有難う御座居ました。差し入れもたあくさあーん!ご馳走様でした。
あともうちょっと。
私はまだまだだけど。追及させて下さい。
皆ないい人達。私が最年長なんだけど、頼っちゃう。
テレビみたいな映画みたいな作品です。不器用な登場人物達が起こすミラクルを観にいらして下さい。会いにいらして下さい。
傷の治りが遅い場合、個人的には鼻血をたらしながらの公演になりますが、お会いできる興奮を胸に出血がバレない様にお待ちして居ます。
そして、健康で楽しい一年になります様に!

田上パル『合唱曲58番』12月30日(水)17:45公開稽古開放します。いらして、いらして。

小竹向原駅が最寄りの「春風舎」で通し稽古します。もし、ご興味ある方いらっしゃいましたら是非おいで下さい。暖かい格好でいらして下さい。
本番は来年1月17日(日)に初日を迎えます。
まだ稽古段階、作ってる最中です。見守って頂けたら嬉しいです。

そして2015年も有難う御座居ました。
良いお年を。