読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

褒め言葉が売り言葉、甘い言葉には気を付けろ!売られたら買うが、バッタモンだったら許さんぞ!一体何の話だっ?!今回も長いので、予定がある方は時間を気にしながらお読み下さい。

椎間板ヘルニアが悪化したので鍼治療に通っているが、この鍼灸師、鍼も上手いが口も上手い(去年年末は足を引きずっていたが今は掛け足が出来る様になった!名医!感謝!)!
一時間前後の治療中誉めちぎるのですっかり良い気分になってしまう。
私を見た事がある人はご存知だと思うが、私はデカい。
ユニクロのレディースのXLは小さくて着ると窮屈だ。何がXLだ!あれは私にとってはMだ!


デカいのは幼少の頃からで小学5年になると交通機関は私に大人料金を請求し、小学6年に上がると近所のおばちゃんは勤め先を聞いて来た。短大に上がると子供の人数を聞かれ“泉ピン子に似てる”と大きさには関係ない所で世間がどう見ているのか。を把握し、コンプレックスは常に付きまとっていた。そんな私をこの鍼灸師は格好善い。と誉めてくれるのだ!


大きくてとても格好善い!と。
ジャンボジェット機を間近で見た時そんな事を思ったかもしれない。そして、こんな綺麗な肌を直で見て触れられて鍼灸師になって役得だ!と言い、首の治療で髪を結ぶ度、綺麗な髪だ。美しいうなじだ。と本当に毎回言ってくれる。そして年齢も何度も言っているのだが雑な食生活を指摘する度『そんなんでは若いから、今はいいけど30代後半になったらボロボロになるぞ!』と叱るのだが私がそのボロになる年齢だと言うと『えっ?!!20代じゃないのっ?!』と驚く。毎回驚く。毎回、若いから、今はいいけどと言ってくれる。
“何回目ですか?私に歳を言わせるの。”としめるこの会話。
今週、既に一度しているが週末もう一度するのだろうか?


そして、去年暮れには、とうとう『小雪に似てるって言われない?』と、そこまで来てしまい『似てるって言わ・・・』位で゛言われません。全く言われません。゛と返したものだ。
いつか言われそうな気はしていたが、やはり予感は的中した。
しかし肌や髪や若さについては毎回言ってくれるが小雪に関してはその後一度も言ってくれない。自分が間違っていた事に気付いてしまったのかっ?!


このセンセイもそうだし、劇団阿佐ヶ谷南南京小僧(略して阿佐南)主宰の飯野団長にも言われたし、先日飲み会で面白男優にも、最近3人の男性に言われたのだが、『モテるでしょう?』と。本当に思っているのだろうか?だったら何故、こんなモテるであろう魅力的な私をさしおいて君達は私ではないナオンと結婚したり、付き合ったりしているのか?


褒め言葉にはとっても弱いが、それなりに納得しないと安心ができない。
今年、私は最初の婚期。7年前の予言(西新宿の母)が当たるかどうか?!
最初の婚期の‘最初’というのが気になるが。とにかく婚期だと言う事だ。今年は折角7年待ったのでこの事に触れて行こう。
飽きたら御免。



でも付き合って!