読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鼻を強くかむのはよくないから、強くかむな。と注意されたりしますが、強くかまないと出てこないので全ての力を鼻穴に向けてググググオッとやってしまします。時々目の前がチカチカとなる程に。うわあ、別世界!ホタルが飛んでる〜!!という風に君もなってみないかっ?!

最近ポカポカしているのは、春だからでしょうか?更年期だからでしょうか?
寒かったのが思い出になってゆきます。
時が経つのは、はええなあ。


母が亡くなって一年が過ぎました。命日に帰ってあげる事ができなかった親不孝者です。
我ながら悔しくて涙が出ます。そして近々一周忌の法要がありますが、どなたか車に乗せて行っては頂けないでしょうか。


。。。歩くか。。。
。。。それは、やめとくか。。。

一年だなんて信じられないです。母は私の中に居るので。ずっと。
悲しみも喜びも分かち合っているよな気がします。
本当は生前、面と向かって本当は色々話せれば良かったですが、分かり合えない部分が沢山あってひいていたのは私の方だと思います。
子供らしくない子供だ。と時々不思議がられて居ました。暗かった。とにかく暗あ〜い。あ、暗あ〜いのは今もですが。

そんな私を社会と繋げてくれているのが舞台です。
6月に田上パル様の田上豊氏の作演出で【キラリふじみ・レパートリー新作『mother-river homing』】に参加致します。
先日“プレ稽古”というおしゃれな集まりがあって、私は“プレ稽古”という集まりは生まれて初めてでしたので、“プレ稽古”のバージンを【キラリふじみ・レパートリー新作『mother-river homing』】に捧げて来たのですが、人見知りの悪い癖が出てちょっと浮いて居たかもしれません。

タイトルの『mother-river homing』は、鮭が自分が孵化した場所へ海から戻り産卵するため川を遡上すること(母川回帰)を指す言葉だそうです。
初体験のプレ稽古で設定を聞いて参りましたが、ビックリする様なお話で、まだ得体の知れない田上豊氏に、なんて事を書くんだ!!君って人はっ?!とビックリしましたが、それにはモデルがある。と聞いて、そんな馬鹿なっ!!とまたビックリしました。
その帰りにみんなで居酒屋へ行ったのですが、そこで出たオムライスがとても美味しくてビックリしていると、今回ご一緒するメンバが『この味の濃さは、、、砂糖が入っている!』と馬鹿馬鹿しい事を言ってビックリさせましたが、実際、そのお店の女将に聞いてみた所、砂糖入ってる。とハッキリ答え、えええ〜っ!!と声を大にしてビックリしてやったのです。


キラリふじみ・レパートリー新作『mother-river homing』
作・演出:田上豊(キラリふじみアソシエイト・アーティスト)

日程:6月14日(木)〜17日(日)

開演時間
14日(木)19:30
15日(金)19:30
16日(土)14:00/19:00
17日(日)14:00
会場 富士見市民文化会館 キラリ☆ふじみ マルチホール

最寄駅は東武東上線の「鶴瀬」です。夜公演のみ終演後、鶴瀬駅行き臨時バスがあります。
http://www.kirari-fujimi.com/program/view/171


オムライスに砂糖入りを見破った尊敬すべきそのメンバは砂糖の効用について「味を濃くする調味料」なのだ。と教えてくれました。甘みだけではなくそういう使い方をするのだそうです。
舞台上で砂糖になれる様。なんだったら佐藤と名前を変えます。
でもみんな、砂糖っぽい感じしました。
ご観劇の際には成人病にお気を付け下さい。
なんちゃつてっ!
6月お待ち致して居ります。
これからReturn to homeの方法と『mother-river homing』で出された宿題を考えたいと思います。どっちもhomeつながりなので英語にしてみました。
では股っ!