読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドキッ!女だらけの男子校!

なんだか、調子狂っちゃうよなあ。と思うのが、消費税8%適用にともなって、今まで税込価格表示を目安で買い物していたのが、商品自体の価格表示になっていて、1円が命取りという危険な生活状況に陥る時も度々なので、なんか、レジの人、堂々と計算違いしてるな。と思ってもその外税だか内税だかで表示価格よりも多いお金が必要になり、あやうく買えなくなるとこだった。という事が最近あった。
そんなに計算得意でないから、税込表示にして下されば有難いなあ。
100円店も108円となり、煩悩の様な、その煩悩が助かるグッズがありそうな。。。
確かに我が儘だと認めよう。私が悪かった。せめてくしゃみ鼻水に苦しみ相殺しよう。出来るのか?


きっとくしゃみ鼻水がとまっている来月。4月12.13日の土日に神奈川県庁でお芝居をする事となりました。
女の子6人でお話を進めていきますが、なんと舞台は男子校。
作・演出のオノマリコさんも女子なので稽古場は7人の女侍と演出助手の辻村優子さんの末広がりの八人でひしめき合って居ます。
所かわれば稽古かわる。台本を中心に。というよりも台本にはない登場人物を突き詰めていく稽古。台本はあまりやらない。セリフは。か。もしかしたらこれこそ自分が登場人物とひとつになれる大切な通り稽古なのかもしれない。
よく、妙ジカル(FUKAIPRODUCE羽衣、以下、フカプロ)には参加させて貰っているけれど、今回はミュージカル。所かわれば発声かわる。歌い方もそうなるか。と、刺激的な時間を過ごしています。
私も男子校生です。
登場人物はみんな変わった名前。


「男子校にはいじめが少ない?」short version

オール女性キャストによる30分の男子校ミュージカル!
現代の全寮制の男子高校生たちを描く、オノマリコ版「飛ぶ教室」。
※各団体30分のショーケースイベントでの上演です。

○戯曲・演出 オノマリコ(趣向)
○音楽 後藤浩明

○出演
伊藤昌子
大川翔子
清水那保
中谷弥生
原田優理子(トリのマーク(通称))
本間玲音

○会場 神奈川県庁本庁舎大会議場
    神奈川県横浜市中区日本大通1(みなとみらい線日本大通駅徒歩3分)

○タイムテーブル
4月12日(土)15:00
4月13日(日)12:00 / 15:30

○「神奈川県庁本庁舎大会議場短編演劇集」出演団体
■theater 045 syndicate
■あつぎ舞台アカデミー
■趣向
■たすいち
■もじゃもじゃ頭とへらへら眼鏡

○チケット
3月12日(水)10:00よりCoRichチケット!にて予約開始
一般 前売3000円/当日3200円
高校生以下 前売1500円/当日1700円
チケット予約→http://ticket.corich.jp/apply/53243/ONM/

【趣向がこのたびご協力いただく方々】
演出助手 辻村優子さん
オブザーバー 深海菊絵さん
写真 FRANさん
台本相談 黒川陽子さん
演出相談 田中圭介さん
男子校出身 佐々木啓成さん
協力:zacco、芹川事務所、トリのマーク(通称)、劇作家女子会

【オノマリコより】
「神奈川県庁本庁舎大会議場短編演劇集」は、劇作家の河田唱子さんが企画した、神奈川主催のイベントです。
詳しいことはCoRichi舞台芸術!の公演情報のページに載っています。→「神奈川県庁本庁舎大会議場短編演劇集」

「男子校にはいじめが少ない?」は、元々は女子高校生が上演することを想定した60分〜70分くらいの作品です。
昨年すこし高校生と演劇をして、そこの女子高校生たちから得たもので書きました。
今回はそれを30分に短縮して、大人の女性の俳優たちと、バカで真面目で愛おしい男子校の3年間を形作っていこうと思います。

それから。この作品は30分のshort versionを作ったのち、60分〜70分のlong versionも作っていこうと考えております。
女子高校生でやるか、大人の俳優でやるか、それはまだわかりません。(できればどちらもやりたいです。) 劇場も企画も決まっておりません。
ですので、これはチャンスです。世界各地の劇場の皆様、プロデューサーの皆様、高校演劇の皆様、
どうぞこの作品を買ってください。

趣向へのご連絡→shukou2010@gmail.com
趣向facebookhttps://www.facebook.com/shukou2010


神奈川県庁でのお芝居ですが、実際にはまだその空間に行っておらず、照明のライトは吊るせなさそうとか、挑戦的な挑戦を受け付け通してますが、それも込みで面白そう。写真で見た大会議室は、シャンデリアがぶら下がってて、なんだか異国の様なレトロの様な。
今回、このイベントには5団体参加で、フィフティーンミニッツメイドやEKKYO(分らなかったら御免なさい)の様な一度に複数団体の出し物がご観劇頂ける、そんな公演です。
公演日時によっては参加されないチームもありますが、私の参加させて頂く『趣向』は全参加です。いつでもお待ち致しております。


ちなみに作・演出のオノマリコさんの下のお名前ですが、憧れのラ行から始まる『リコ』ちゃんです。どっぷり昭和生まれだものでつい『マ』からだろうと勝手に思っていたけれど、スペイン語ならおいしいを意味する。リコちゃんなので宜しくお願い致します。会う度に可愛くなっていくんだよなあ。お客さんとこの子を幸せにしたいと感じる煩悩の渦の中に消費税対策の小銭を財布に詰め、皆様をお待ち申し上げて居ります。