読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この夏はウィルキンソンを沢山飲ませて頂きましたが、コップに注ぐと尋常じゃないほどの泡が出て冷蔵庫から出したのに沸騰してるのか?もしくは何か生き物がいるのか?という程に弾けるので、ちょっとひきながら時には『うわー、ひくぅー』とか言いながら飲むとなぜだか心が寂しくなります。コップになんか注ぐんじゃなかった。そういう性質の物に対して嫌悪感を出すんじゃなかった。と後悔しても後の祭り、私はコップに注いだし嫌悪感を口にした。皆様如何お過ごしでしょうか。私は本日もネガティヴ?ブ?正直ではありますが恥ずかしいです。

やってみて感じたのは、ウィルキンソンはコップに注ぐよりもペットボトルのまま飲んだ方がうまい。という事です。あくまで私奴の好みですが。でも、あの泡を見たくてコップに注ぎ『ひくー』とけなした後に飲んで寂しくなるという、夏だって気持ちの変化は上がったり下がったり、気持ち悪いも寂しいもオレ次第だったのだ。そしてあのコップの中のブックブックッボッコボッコグッツグッツッしている泡を見るとテンションが上がり人間ってそういうものなのか、いや、それは自分が変態だからなのか?謎は解決せぬままいつの間にかウィルキンソンを買わなくなり、レッドホットチキンも終わり、セブンイレブンのうま辛棒も終わり秋だ。早い早い。女心と秋の空だ。買い物の会計を済ませた後に要らなくなるんだ。秋じゃなくてもそうだ。性格だ。直せ。はい。すみません。

今年の誕生日に『整理整頓』を掲げたので、いるのかいらないのか自分の昔のビデオを見直しています。2004年とか2005年に放送されたドラマ、連続ドラマで、それでそのドラマの話が面白いので次は?次は?と見入ってしまい6時間とかずっと座りっぱなしで立てなくなったり、若い自分を見て(と言ってもまばたきしたらいなくなる。後姿だけしか映っていないとかいう感じではあるが)古い自分を実感するという。時間は残酷だなと感じている間にも時は過ぎていくのであった。座りすぎだからという事ではないと思うけれども立ち上がれなくなるような暗い話でこのタイミングで主題歌きたらもう絶望しかないじゃないか。もう生きていけない。。。とビデオ見た数日は引きずり全てがかすんで見える。と心で涙する。これが更年期なのでしょうか。いえいえまだまだ高校生じゃ。
今、高校生役のお芝居を作っている。男子の。
趣向の『男子校にはいじめが少ない?』。2014年春に短いタイムの劇やって、次は同じ年の冬にフルバージョンの朗読やって、今年2016年は来月とうとう本公演になる。ゆっくり皆とも役とも関係を進めてきた感じで嬉し恥ずかし。朝帰り。はしませんが、ちゃんと当日の内に帰りますが、そのうち旅公演とかできたらいいな。とか、主宰でもないのに考えています。勝手に。どこで公演しようかなあ。
ショートバージョン、朗読、本公演の順序で関わるご縁にご縁を感じています。初演からずっと一緒の大川翔子ちゃんはよく誤嚥(ごえん:食べ物や異物を気管内に飲み込んでしまうこと。)するとの事でした。気をつけて下さい。ちなみに私は彼女が「よくゴエンする」という発言を聞き、聞き捨てならず『それは誤飲だ。ゴエンだなんて変じゃまいか!』と君って人は言葉を知らない!的に指摘をした所、作家のオノマさんが「誤嚥です」と正解を言いしかもこんな難しい漢字だったなんて。私の世界は爆発した。書けないどころか読む事だって出来やしないじゃないかっ!無知だったのは私のほうだ。大川さん御免なさい。皆さん知っていましたか?つくづく芝居は勉強になるなと感謝の気持ちでいっぱいです。そして人間は謙虚でなければいけない。熟女といいつつ未熟者、このギャップどうですか?ギャップ好物よ、さあおいで。抱きしめてやる!

登場人物は男子高生が9人と女子高生が1人ですが、全員女性で作ります。東京は11月2日(水)から、横浜は11月11日(金)おっ、ポッキーの日だ。横浜はポッキーの日からです。宜しくお願い致します。


******


趣向『男子校にはいじめが少ない?』


「男子校にはいじめが少ない。」そんな傾向があるらしい。女がいないから、モテようとか、カッコつけようとか思わなくてすむ。女の目を気にしなくていいから、リラックスして毎日すごせる。バカなことを力いっぱいやれる。どうどうとオタクになれる。好きなものを好きって言える。あれ、じゃあ男子校ってパラダイスなのか?

ぼくの名前は「自転車」。あだ名はチャリンコ。全寮制の男子校(けっこう進学校)にいる高校一年生。毎日なんの事件もおきない。「竹蜻蛉」はボーっとしている。「虫眼鏡」はアイドルに夢中。「糸電話」はケータイをいじってばかり。「水鉄砲」はエロい。「野次馬」はうるさい。「微生物」はパシられている。「博物館」は物知りだけど寝てる。教室のはしっこには「宇宙人」がいて、今日も電波をまきちらしている。

 


戯曲:オノマリコ(趣向)

演出:平田万里

音楽:後藤浩明

振付:小林真梨恵(waqu:iraz)

 

《東京公演》2016年11月2日〈水〉− 8日〈火〉花まる学習会王子小劇場

《横浜公演》2016年11月11日〈金〉− 12日〈土〉のげシャーレ

 

〈出演〉

伊藤昌子

大川翔子

中谷弥生

本間玲音(ウゴウズ)

飯塚ゆかり

三澤さき(ゲンパビ)

小川碧水(安全ピン)

窪田優

関森絵美

和田華子

SPECIAL! 清水那保 ※横浜公演のみ出演

♪横浜公演限定!バンドによる生演奏で上演いたします。

後藤浩明(Keyboard、Guitar)、中鉢洋夫(Guitar)、藤田奏(Bass)、小野裕市(Drums)

 


◆公演スケジュール
《東京公演》

11月2日〈水〉19:30◇

11月3日〈木〉14:00/19:30☆

11月4日〈金〉19:30

11月5日〈土〉14:00◎/19:30

11月6日〈日〉14:00

11月7日〈月〉14:00/19:30

11月8日〈火〉14:00

《横浜公演》

11月11日〈金〉19:30◇

11月12日〈土〉12:00/16:00♪

 


◇…プレビュー 一般2500円

☆…終演後、ポストパフォーマンストークあり

◎…託児サービスがあります。要予約。イベント託児・マザーズ0120‒788‒222 0才・1才2,000円 2才以上1,000円

♪…終演後、ミニライブ!

*受付開始は開演60分前、客席開場は開演30分前です。

 


◆会場

東京公演:花まる学習会王子小劇場

(JR線、東京メトロ南北線「王子」駅より徒歩5分)

横浜公演:横浜にぎわい座 のげシャーレ

(JR線・市営地下鉄線「桜木町」駅「野毛ちかみち」南1番口より徒歩3分)

 


◆チケット(税込)

プレビュー(11/2・11/11)…………¥2,500

一般(前売/当日)…………………¥3,200/¥3,500

U-23(19歳〜23歳)………………¥2,000

U-18(18歳以下)……………………¥1,000

リピーター ……………………………¥2,500

*U-23、U-18のチケットをご予約のお客さまは、当日受付にて年齢の確認できる証明書等をご提示ください。

*リピーターチケットをご予約のお客様は、当日受付にて、チケットの半券をご持参ください。

 

◆チケット予約

○カルテットオンライン(24時間OK!)

東京公演予約URL:https://www.quartet-online.net/ticket/danshi_o ⇒備考欄に『伊藤昌子で』を。

横浜公演予約URL:https://www.quartet-online.net/ticket/danshi_n ⇒備考欄に『伊藤昌子で』と。

*チケット料金は当日受付にてお支払いください。

*未就学児はご入場いただけません。

*車椅子でのご来場については、事前に趣向までお問い合わせください。


◆お問い合わせ

趣向(担当:中村)

Tel: 070-5462-9266(10:00〜19:00)

Mail: shukou2010@gmail.com

Twitter: @shukoushukou


******

オノマさんが男子高校全寮制出身の方にインタビューして作ったお話です。男子校生のイメージを個人的に間違っていたりして、カワイイー!と発見できた作品。劇に関わってるとそういう発見があるから得した気分。男子はいいな。と思う。けど、自分は次も女に生まれたい。絶世の美貌を誇りでも自分ではそんな美人だとは思っていなくて常識的で華奢なスラリとした体で、歌舞伎町を歩いたとすれば現状「お兄さん、かわいい子いるよ」と声を掛けられる所を「働かない?」という風に女として認識されて、真面目な男の子と出会って、幸せではあるけれど、更にお金に困る事がなく心がとってもきれいな心で優しさで出来ちゃってて、ノラ猫が甘えてきて小鳥達も私の周りでさえずってエゴがなく、利己的主義とは何かしら?となってて、プライドが高く人の事を知りたがり噂好きで悪口ばかり言う獣の肛門の様な顔をした女性がいるなんて夢にも思ってなくて、でももし出会ったとしてもそんな人をも愛せて野菜を沢山食べ温泉の湧くお風呂に毎日浸かり安定した気持ちでいつも婆やが側にいてくれてだからって何にも出来ない訳じゃなくて、料理、裁縫、ピアノ、和楽器、英語、犬のしつけ、家の建築はプロ並みで真っ赤なバラと白いパンジー、仔犬の横にはあなた、あなた、あなたが居て欲しいものです。一生幸せに暮らした。伝説の美女、女神だった。皆に愛された。生まれつきそうなりたい。

すみません。お忙しい所。

『男子校にはいじめが少ない?』ご観劇頂ける日時が御座いましたら、私までご連絡頂くか上記フォームからご予約下さい。その際、備考欄に『伊藤昌子で』の旨一筆頂けると私の株が上がり鼻高々です。宜しくお願い致します。
前回の朗読公演の際、大川翔子ちゃんが知人に全員女子だけど男子高校の話やるんだ。とチラシを渡した際、あ、この人だけ男なんだね。と私の写真を指差したというエピソードがあるが、そしてその指差した知人は実は私を知っているという事実もあったようだが。そんな事を思い出しつつ、劇場でお待ち致しております。
オレは高校生。男子校生。