読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイッタ心中

男物の靴を貰ったので、欲しいかなあ。と思う男子達にメイルをす。
27センチメートル。
スペインにサッカーの審判になる為の学校がありそこに通う息子の物を履ける人が居たら、と知り合いがくれた。ブランドものらしい。
写真メイル送信。
欲しい。と数秒で返して来たK氏とさしで呑む。初めて二人きりで会った。靴は持参したが、それはK氏宛てではなかった。
即返信くれたK氏にこちらも即、あげる。と返信したが、その直後に靴が裂けて困っている、欲しい。というT氏からメイルが飛んで来た。一度あげると言った人は居たが一瞬で靴が裂けたらこちらもかなり欲しいだろう。と心変わりし、K氏にT氏の事情を説明し、その晩三人で会って相談したい。と言うと承諾してくれた。K氏とT氏は知り合いである。
待ち合わせ場所に着くと、K氏は靴、お困りでしょうから。と靴のさけたT氏に譲る心持ちを言ってくれた。そうなると今、この人は私と遊ぶ為に来てくれた!と嬉しくなる。(あ、T氏も一緒にだった)
靴がさけているT氏からは遅れると連絡があり、K氏と二人で居酒屋で待つ事にした。初さし。お酒を呑む。私は煙草ものむ。禁煙していたが、その分を取り戻す様に、時々喫煙してしまう。キャラクター外だろうから人前ではしない様にしていたが、煙草に火をつけた。煙草吸ってもいい?と聞くと予想以上に驚いて居たので、やっぱり近々やめよう。と思う。
くらくらするし。
お金もかかるし。
K氏は煙草は吸わない。
時代はツイッタである。しかしデメリットがある。それを話して二人でアカウント消してしまおうか。と互いに携帯電話を手にした。消去してしまいたい気持ちは本当だった。その後なにも話さなければふたりとも実行したかもしれない。それが怖くなって私から急いで話題をかえた。
ラストオーダーの時間が来て、結局T氏は来なかった。
K氏と私は違う電車を利用しているが一緒に帰りたくてわざと遠回りの帰り道を選ぶ。ホームに着くと、靴がさけたまま靴を取りに来なかったT氏からメイル。『電車で寝過ごし今起きた。』と、嘘だろ。と二人で笑う。T氏が寝過ごした電車は私達が乗車するホームと同じで向かいでお客さんを降ろしたり乗せたりしてるヤツ。もし、会えるならと帰宅電車を一本見送り、T氏に電話したり(留守番電話だった)、メイル打ったり。打ってる途中でK氏が、あっ!と。顔をあげるとT氏の電車に乗ろうとしている背中があった。T氏に声をかける。気付かない。肩をもつと気付いた。電車が発車する!慌ててリュックサックから靴を出す。焦れば焦るほど出てこない。発車直前に渡せた。ガラス越しに靴を抱え笑顔のT氏は手を振りながら左に流れて行った。
奇跡だ!と。大笑いし我々も間もなく来た帰宅電車に乗り西に流れた。
家に着いてから、あの時もう少し突っ込めばK氏は一緒にアカウント削除したろうか。と考えたりする。
もう日付はかわって居たが『靴下さい。』のメイルが数件続く。