読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有難う御座居ます。趣向/マグカルシアター参加作品「男子校にはいじめが少ない?」リーディング&中高生ワークショップが終わり、今。

趣向/マグカルシアター参加作品「男子校にはいじめが少ない?」リーディング&中高生ワークショップが終了致しました。お騒がせ致しました。有難う御座居ました。
出演者は全員女子で女子が男子校生を演じましたが(キーボードの生演奏の下の演技でしたがキーボードは後藤浩明さんという男の中の男の方でした。第6回読売演劇大賞優秀 スタッフ賞受賞!)、泣くメンバが続出する最後はやっぱり女の子を実感する打ち上げとなりました。


涙が溢れるというよりも、歯を食いしばって感情をわああああああ〜〜〜!と言いながら熱き思いを叫びつつ泣く感じ、涙少なめ歯をくいしばる力多めの泣き方のスタイルで、泣き方は皆んな男っぽかったかな。私は泣きませんでした。
女子ばかりだったので、しょっ中お互いの事を「だいすき!」や「好きすぎるっ!」とかよく耳にしました。これも私は言わなかった。
別に好きじゃないから言わなかったというのではなく『好き』とかいうの恥ずかしいです。好きですが、それは言わなくても分かるでしょう。言わなくても通る部分は言わず、黙ってました。

と言うか口数自体少なかった。大体どこに行ってもそうだけど、会話に乗り遅れる。そして今回は集合時間にも遅れて、都内から桜木町までの交通過程になかなか慣れず集合時間に間に合ったのは千秋楽の日だけでした。『これが○○まで先に着きますよ』とかちゃんとアナウンスしてくれないと!ちゃんと言ってくれないと!特急が早いとか思うでしょ?!でも早く着かないじゃないか!!誰もがその路線の常連だと思ったら大間違いなんだよ!というか最終的には私もその路線の常連になってはいたのだけど、でも丁寧にアナウンスしてくれないと折角の早起きが水の泡なんだよ。反対側のアナウンスは丁寧で、なんでこっちの方のには言わないのよ!余計な汗いっぱいかきました。でも、大体のメンバは同じ方向から行ってるのに遅れるのはいつも私だけだからきっと私の落ち度なんだろうなあ。今更ですが、こんなんでこれから先不安です。私だけが分かってないんだろうなあ。すみませんでした。


舞台上の男子校生は皆な同じクラスで同級生、ただ私は病気で一年留年している設定でした。お話では1つ年上でも実際の年の差は一番離れている子で19歳。私が19の時に産んで居たらこんな子が居てもおかしくないのか。こんな子に親孝行して貰いたいものです。
みんな可愛い。最年少の飯塚ゆかりさんと最年長の私は偶然隣に居合わせる事がよくあり、演出の大事な言葉をもう一度繰り返して教えてくれました。
演出家が『歌い終わったら座って下さい。』と言ったとすれば、「歌い終わったら座るんですって。」と教えてくれます。すごく助かりました。今、もう一回言ってほしいというタイミングでそっと手を差し伸べてくれる。察しがいい。足を向けて寝られません。しかし、方向音痴ですので足向けて眠ってしまっている可能性の方が高いです。


今回の公演はワークショップとタイアップしていてお客さんと沢山遊びました。演劇やったこと無い個人的な私の友達が参加したり出演メンバのお母さんが参加したり、もちろん演劇やってる学生さんが参加したり、言葉を使った色んな遊びをしたけれど、本当に人って何考えてるか分からない。という事です。
私の友人も『何でそうなるの?』という様な返しをしてきます。変なヤツだとは思って居たけど、やっぱり変なヤツだった。
趣向:主宰オノマリコと微生物の(役名です)辻村優子が考えた手作りの愛おしいゲーム達、クオリティが高いのでなんかもっともっと活用出来ないかな。広がる、広がってく感じがした。本当にお疲れ様でした。身内をほめてしまうけど、ほめちゃうようなワークショップだった。私には何の権力もないけれど、愛と感謝をこめて拍手です。

ミュージカルなリーディングで、沢山歌歌いました。
私は、ヤンキー風情のクラスメイト、平佐喜子演じる水鉄砲が'(役名です)歌った「ノンノの歌」の''エロ本の向こう側それがノンノ''という歌詞が好きでした。
ノンノは女性ファッション誌です。エロ本を買うよりノンノ買う方が恥ずかしい。という取材の元に生まれた歌です。

怪我人なく、無事に終わりました。よかった!リーディングでしたが、台に登ったり走ったり飛び降りたりしてましたので安全第一が頭にありました。皆な元気でよかったです。
坂を登って劇場まで足をお運び頂きました皆々様、一緒に遊んでくれた皆々様、ご観劇頂いた皆々様有難う御座居ました。
趣向:主宰オノマリコの人柄を映し出していた暖かい温泉の様なスタッフの方々お疲れ様でした、お世話になりました、有難う御座居ました。
温泉にいつか行きましょう!あぁ、お湯に浸かりたい!自宅に風呂はないのですが、人間温泉の人々に会っている間は入浴中みたいなものでした。とても良い湯治が出来ました。遅刻しても怒らずに居てくれて有難う御座居ました。ご心配ご迷惑おかけしすみませんでした。有難う御座居ました。
湯ざめしない様、暖かく過ごします。

横浜に通わなくなり今度はさいたまに稽古に行って居ります。
来年、2015年1月31日(土)初日を迎えるキラリふじみ・レパートリー『Mother-river Homing』(マザーリバー・ホーミング)の稽古始まって居ます。キラリふじみ・レパートリー始まって以来、初の旅公演!高知と兵庫と群馬行きます!この作品は3年目です。
出演者が替わったりもしながら、3年越しの公演。
熊本のお話なので方言でのお芝居になります。方言指導は初めての公演から劇団黒テントの宮地成子さんがやってくれて居ます。
初演の時は独身だったのに、人妻となり現在妊娠中です。出産予定はお正月を過ぎるとすぐで、中の人もかなりの大きさになって居ました。今、おへそがないのよ。と言ってこっそり見せてくれたのですが、おへその底辺は茶色い皮膚だった!まっつぐになっていた!!へそのゴマとか、あの凹みの奥は中の何かと関係あると思っていたのに、ショック!
おへそを見せてくれた次の日に里帰り出産のため実家の熊本へ行ってしまいましたが、何ですか?スカイプというのですか?なんかパソコンにつないで、私達の言葉を指導してくれています。宮地さん手を振ってこちらに話かけてくれます。
変わっていく世の中と周りの人々。なんだか自分だけ変わらずに3年前と同じ方言の間違い、電車の乗り間違いをしています。人は一人では生きてはいけないのですね。

そうです。一人ではどんな段取りなのかさっぱり分かりません。もうひとつ稽古中なのが、FUKAIPRODUCE羽衣(以下:フカプロ)のライブ8回目なのだそうです。
前に歌った劇中歌、蘇って来いよ!と手招きしても、人に聞かないと分かりません。
有難う!人間!
フカプロライブ今月17(水)、18(木)の二日間やります。生バンド!融通きく?!ダメ?!タイミングは守りましょう!オレ!
10年間歌ってきたあんな歌やこんな歌、ぜひ聞きにいらして下さい。
なんか、みんな場慣れしてきている様な感じがするよ。人としての経験がステージに出てくると思う。頼もしいと稽古中に何度も感じました。
一体、何様だ!オレ!

お待ち致して居ります。


FUKAIPRODUCE羽衣LIVE vol.8
構成・演出:深井順子 音楽:糸井幸之介 

<出演>
深井順子 糸井幸之介 日郄啓介 鯉和鮎美 高橋義和 澤田慎司 新部聖子 岡本陽介
(以上、FUKAIPRODUCE羽衣)
伊藤昌子 西田夏奈子
代田正彦(★☆北区AKT STAGE) 森下亮(クロムモリブデン枡野浩一歌人
ほか

12月17日(水)19:30start(18:30open)
12月18日(木)19:30start(18:30open)

3,500円(1drink付)
※整理番号付入場券(会場の状況によりお立ち見になる可能性がございます。)

@吉祥寺 STARPINE’S CAFÉ http://www.mandala.gr.jp/spc.html