読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月は今日で6日目です。2月はもう6日?!とは思わないけど1月が終わったなんて早くないっすか?大事にゆっくり食べようと思っていたのに今回はちゃんとそうしようと思ったのに、開けたらもうなくなっていたお徳用のチョコレートをあっという間に食べた。位早いでしょ?産まれた時のニュースを聞いていたが、修行を済ませもう職人となっていたとは。元横綱の貴乃花親方のご子息が靴職人として活躍してる位早いでしょ?一人の人間が人生に腹をくくるまで成長しているのに、私は全く。。。今日もすでにお菓子に400円使ってしまった。いけない。

いけないよ。七味唐辛子に麻薬が入っていると何かの専門の男性がTVで言っていて、そんなもの簡単に手に入っちゃうでしょ、詰め替え用だってあって皆な無くなったら入れ物にまた入れて使うでしょ。私はどちらかというと一味唐辛子派なので安全安心だが、でも七味に麻薬が入っている。って言ってそれを大々的にいなげやとかで売っているのだから一瞬驚くけど、オーバーに言っているだけなのでしょ?検索してみたら七味の中に芥子(けし)の実というのが入っていてそれの事らしいのだけど、結局問題ないじゃん。驚かすなよ!そんなオーバーに言うなんて私と一緒じゃん。じゃあ、しょうがないか。その後きちんと説明したかまでは見届けられなかったけど、信じているよ。見ず知らずの人だけど。

七味唐辛子も安全で、一味唐辛子も安全だからいなげやで売っているのだろうけど、その食べ方に個人的に問題があって、辛いのがマヒしている。と昔そばにずっといてくれた人から指摘を受けていたが、ただその人が極端に辛いのが苦手というものあったが、ラーメンでも餃子でも炒飯でもスパゲッティでもピザでも焼き鳥でも肉じゃがでもなんでも辛いのをかけて食べるのだが、お店で食べる時、相手の頼んだものとの交換をするが、私のを食べると毎回今までの全てが台無しになる位辛くした。とご立腹になっていた。毎回だったので、毎回食べてから、辛いのかけたな。とそれを思い出すので食べる前に見て赤いから気が付かないか?と聞いたが気が付かない。という事で最終的に学習を進めていくと私の食べ物がきたら私が辛いのをかける前にまず食べないといけなくなっていた。家にある一味唐辛子もどこかに隠された。
自分としては辛い方が好き。位で、強烈な激辛好きという訳ではない。食べた事はないが地獄ラーメンを完食する自信ないし、なぜかカレーは甘口でないと美味しいと思わない。
ピリ辛が好き。位だが、最近は記憶が飛ぶ位かけているのも実感する。これはあまりよくないと思う。言い訳としては冷え性なので体がホットを要求しているのではないかと思っていたが、やりすぎてしまった感をおぼえる時もあるので、クラつくほどにはかけないようにしている。でもやっぱり辛そうなものを選ぶのはしょうがない。先日『激辛ロシアン スコーン チリ味』というのを買った。6分の1の確立で激辛のスコーンが入っているとの事。「激辛スコーンに当たるのは誰だ?!」と書いてあるが、私です。一人で食べるんだから。絶対私。6分の1で入っている激辛は辛かった。でもまた食べたくなりどこで買ったのか分からないがいつも行くいなげやを探したがない。お菓子のまちおかに違いないと思うが行き付けが沢山ありすぎてどこなんだ?この記憶が定かでないのも辛いのに中毒ってるもの麻薬なのか。
本当に食生活改めないと、お菓子ばかりじゃだめだ。この前、きのこの山みたいな形のお菓子を見つけて買ったが名前はちょこの森というのだけど、一人で全部食べたがパッケージには「みんなで食べよう!」とあった。私は体が大きい。だからこれは一人前。と、こういう時はコンプレックスな体の大きさを都合よい肯定材料にする。そう思っても体が大きい事を自分で自分を思う時、昨年参加した趣向の公演で友人が旦那様と一緒に観に来てくれたのだがお芝居終わってご挨拶しに行くと旦那様の第一声が『いやあ、伊藤さん顔デカイね』だった。お芝居観た後の感想なのだろうが、役者として、いや、人としてのショックは大きくこれを笑い話に出来る程のスタミナはまだないが、きっとこの旦那様がそう思っているという事は他の人もきっと思っているのだろうな。と。その場では何と返したのか記憶にないほどの破壊力だったが、記憶がないのは辛味を沢山食べたせいもあるのか。いやショックだったのだ。今日までその一言は忘れる事が出来ずに生きている。物忘れはする方だが、引きずる時は引きずる。もしかして年単位で引きずるかもしれない。でもデカイのは生まれつきで遺伝だから、でも責任は自分にあるのか?分からないけどしょうがないんだ?もしかしたら努力不足だったかな?小さな時からデカくて小学生時分、交通機関で大人料金を払うよう言われたものだ。痩せる痩せないではなく骨がもう出来ている。その言葉の威力というよりも演出力の勝利?勝利というのなら、じゃあ、私の負けとなるのかもしれないが、数少ない友人が観に来てくれた感謝と会える感激で駆け寄った最初の言葉だった。黄色とか金色とか桃色とか銀色とか白色とかイメージでは発光しているキラキラの想いで走って駆け寄った瞬間、その言葉で全てが止まった。ブルーいやブラックになった。かつて言われた「今までの全てが台無しになる位辛い」これか。この辛味。辛口。いやもはや褒め言葉だったのか?思い出すとやはり少々落ち込む。デカいは散々言われてきた。分かっている。満員電車でも嵩張る。迷惑をかけているのは分かる。でも移動しなくてはならない。
このデカさ武器になるのだろうか?人としてはマイナスであろう。役者として吉とでるか?凶とでるか?もしかして何もでないのか?芝居を観て顔がデカかったとしか印象づけられないのであれば、私はどの作品に出ても功績は残せない。むしろ作品にとって邪魔ではないのか?大丈夫か?ずっとこの体で生きてきてこういう生活を送っているというのがもう結論なのか?ひとまず着るもの履くものかぶるものにも困っている。ユニクロのレディースのXLは私にとってはSだ。悲しい。女性用のマスクは眼帯ではないかという位私には小さい。女性用と書いてあるじゃないか、眼帯ではないはずだ。だってマスクと書いてあるじゃないか。バカヤロー!
そんな時アマゾンのCMが心にしみる。馬が、馬が切なくて、泣ける。少し前までは犬だった。赤ちゃんになつかれない犬のお話。その犬の飼い主の男優さんが話題になっていたが、今は馬になっている。大きい馬が飛べるハードルを飛べない小さな馬がしょんぼりしてしまい、小さい馬のジャンプでフラフープをくぐらせるCM、フラフープを売ったのがアマゾンだが、馬の演技が凄い。馬い。前の犬の悲しさも伝わってきてワンダフルだったが、動物の心が愛おしくて泣けてくる。アマゾン。アマゾンよ。大きいのある?私はCMに出てくる犬である。馬である。救ってくれ。でもネット苦手だ。私がネット苦手でも犬の飼い主がネットを使えて、馬の飼い主(?)、馬主(というのか?)、調教師(なのかも知れないね?)がネットで買い物出来て良かった。有難う。
ロシアン スコーンもちょこの森も誰かと食べる事を推奨するが、私は世情に逆らって独りで食べてもいいと思う。ただ、動物は欲しい。いつかは一緒に住みたい。動物と。

あ、あと前回、身近な人のCM情報を記録したけれど、安村くんもCM出ている。かつて私の愛した男、マッチと。小学生の私ならマッチだ!と心躍らせるでしょうが今は安村くん!となってる。時間は人の心も移ろわせていくわ。とても嬉しいし少しだけ悔しいし凄く羨ましい。活躍している皆どんな年になるのだろう。自分も。私はまず。まず、アレだな。どれ?ドレミ?ファソ?ラシド!
2月ひとつ宜しくお願い致します。

この正月一泊二日で秋田に帰省した際、父が寝床に電気毛布を用意してくれて、東京では湯たんぽを暖房に寝ておりましたが、改めて電気毛布の暖かさを知ってしまうと、上げた生活は下げられず、東京に戻り電気敷き毛布を買いました。一番安いの。だけど、ほおぅ、暖かい。高いやつらはもっと暖かいのか。ほんとはもっと暖かくてもいい。お金の心配が無ければもっと熱い電気敷き毛布を手に入れただろう。電気代がかかったって気にしないだろう。私の上げた生活の欲望は留まる所を知らない。ギブミ-マネー!ギブミ-ラヴ!ギブミ-犬!ウサギ!ネコ!ハ

ゴロモセキセイインコ!生クリーム!

 

 

今、役者仲間の藤一平さんに最寄り駅でばったり会いました。寒い中、とてつもなくくだらない話を熱く語ってしまいました。分かってあげられない藤さんの事情。藤さんに話せなかった私の事情。少年なのかダンディなのか話せば話すほど口調のゆったりさと軽快な思考にもっとこの人売れるべきだと思いました。面白いなあ。デートの約束もしました。空気は冷たいけど心はホット。たった今の話です。

そんな今日ですが2017年の一月も終わろうとして居ます。つい最近新年だったとは思えない。今年も子供にお年玉あげられない。情けない。ニュースでは松方弘樹氏の訃報、江角マキコ女史芸能界引退、松本人志氏と角田信朗氏に確執、ドナルドトランプ氏アメリカ大統領就任、日本人横綱稀勢の里誕生。狩野英孝氏未成年との淫行疑惑。これについて和田アキコ女史が『アッコにおまかせ!』本番中にレギュラー出演中の同事務所:出川氏に謹慎中の狩野氏へ電話させた。というのもありました。自分の関係者なニュースでは、熊谷さんがCM2つ出ている。板橋君もCM出ている。幸田さんが更にCMに起用されている。
個人的には嬉しい事に田上パル主宰の田上くんの初夢に出演させて頂きました。夢の中で私は自分に合う布団をやっと見つけた。と楽屋に段ボールを敷き始めたそうです。それを見た田上くんは、あゝ良かった。と。夢の中でも田上くんは優しかった。一年の始まりにこんな夢を見てしまい田上くんには申し訳ない気持ちもありますが、ふふふ。と私は喜ぶ。うれちい。このメイルを受け取った日、携帯電話を携帯せずに一日ウロついてたのですが、帰宅すると68件メイルが来ており、その一件が田上くんで他には100円貸した役者仲間と会っていたのですが、100円返すの忘れた。こんど必ず!というメイルを受信。あとの66件は迷惑メイルでした。

今年も携帯電話を頻繁に忘れそうな予感と迷惑なメイルが沢山来そうな予感。けれど大丈夫!私には私に合った寝具がある。ホ-ムレスを暗示させる様な感じも気になるけれど、家が無くなったのではない、私は段ボールに寝る為にこの生活を選んだんだ。どんな自分になろうとも誇りだけは無くさずに!でもやっぱりおうちも無くさずに!今年も何とか間に合いたい。神様、お願いです。

2017年明けて一ヶ月たっていませんが今年2回秋田へ帰省をしております。一回目はお正月。二回目は義伯母さんが亡くなり、お通夜・告別式参列の為でした。正月の帰省時は雪が無かったのに葬儀には雪が積もっていて、降雪量は昔と比べると随分少なくなったけど雪国でした。東京のお通夜はご遺体と一緒に過ごしますが実家の地域ではお骨になった故人をお参りする告別式の前日をお通夜と言います。そして同じ月に新幹線で実家へ2往復する現状を『お金がない。更に。。。』と言います。

義伯母さんの子供、私からすればいとこ。いとこに子供が居て(つまり義伯母さんの孫)その女の子も参列しましたが生まれた時から知っているし、いとこの実家ではないのに毎年ウチの実家に家族で来て居て顔見知りではあるのですが人見知りなので自分からは話しかけたりは出来ずに、話しかけられても緊張のあまり何を言っているのか話が入って来ず、挙動不審だね?と思われているやも知れないのですが。なんだったらその子の親、いとこにも人見知りしています。毎年実家でもないのにウチに来るけど私は緊張しています。藤さんと話すように聞いたり聞いてもらったりは出来ません。ハグもモチロン出来ません。藤さんとは顔見た瞬間にしました。
そのいとこの娘さんが成人式を迎えたらしくお化粧をしていました。そして、毎年会っている私とはそんなに会話もないですが、そんなに会った事もないだろう親戚と数十分ですっかり打ち解けて写メとか撮っている。2ショット、時にはそれ以上ショットでピースで自分撮り。羨ましくはないけれど、人と交われない自分に不自由を感じたりして居ます。なぜ自分はこうなんだっ?!自意識か?!と思うけどスピリチュアルカウンセラー江原啓之氏は人間は平等だと。仰います。専業主婦のお家で育ち明るく可愛い気の利く20歳と挙動不審なお金のない昌子と平等の実感はないけれど、そうなのだ。と言われてしまえばそうなのか。としか答えられず、動物としての弱さも実感し本当に平等なの?と、もがけば負け犬という事でしょうか。
犬が好きだからって、でも負け犬は、でも負け犬でも、やっぱり可愛い。犬は可愛い。それ込みで負け犬は、私は可愛いというので全ての人と相殺されているのか。平等なのか。自己満足なのか。被害妄想。。。暗いか、暗いな。
今日はここら辺にしておくか。

FUKAIPRODUCE羽衣LIVE vol.10終わりました。お出で頂きました皆々様有難う御座居ました。関係者の皆々様お世話になりました。有難う御座居ました。気にかけて下さいました皆々様にも感謝、無事に終わりました。今年はこれで店じまい。寂しいな。また来年会えますか?会いましょう。

一人暮らしをする様になってからお菓子を主食として生きてきた。これまで様々なパッケージを手で、鋏で、カッターで、包丁で、歯で噛み千切る等して開けて食べてきたけれど、箱入りのチョコレートの開け方が分からなくなってしまった。新発売のチョコだろう。私の目に輝いて入って来た。箱の中には個装されたチョコが入っているようだ。食べようと思ってもミシン目が見あたらない。「OPEN」の文字も見つけられない。かつて自分の祖母がお菓子の箱を企業側の消費者に対してしてくれた優しさの意図を全く無視してどうしてそこからあけるの?ねえ、おばあちゃん?幼い私は奇天烈な開けっぷりを見てそう聞かざるをえない状況に幾度となく立ち会った。しかし耳が遠い祖母には通常の音量では聞こえるはずもなく、思い切り大声で聞く様な話でもないので孫に何か話しかけられているが何だか聞こえない時にする「ふふふ」という愛想笑いが返ってくるばかりだった。戦争で川崎から秋田に疎開で来たという。貧しい生活をしながら命がけで子供を育ててきた。お菓子の開け方などどうだっていいと言えばいいだろう。物がない時代を生きて来た。お菓子が食べられる幸せ。それが一番ではないだろうか。しかし、自分が箱の開け方が分からなくなり力任せに側面の糊付けから開けてお菓子の開封能力がおばあちゃんになっているのだな。かつて戦争を知らない子供も戦争を知っていようが知って居まいが老いるとお菓子の開封能力はおばあちゃん。と現実を見つめ年末となり部屋が散らかっていても『お菓子の開け方は遺伝』の一言で片付ける孫を許して欲しい。ちなみにおばあちゃんはお菓子は妙な開け方をしていたが整理整頓は常にしている人だった。気づくといつも雑巾で家のどこかを拭いていた。そこらへんは遺伝しなかった。手先の器用さも色っぽさも遺伝しなかった。おばあちゃんから受け継いだ物は今のところお菓子の開け方だけの様だ。残念。無念。でも開ける情熱、やっぱり大事だと思う。おばあちゃん有難う。ミシン目から開ける生易しい方法では食べるというサバイバルに反する気がしてきた。食べたいなら力ずく。それが正解かもしれない。あ、あと甘い物好きもだ。これも遺伝だおばあちゃん。ご馳走様でした。
そうです。ご馳走様でした。フカプロ(FUKAIPRODUCE羽衣)ライブ、10回目だったそうです。沢山曲お披露目出来ました。3時間超えた!終電逃したというお客様も居た。お客様的にどう思ったか分からないけど、帰らないリスクと引き換えにお付き合い頂けて嬉しかったです。ご来場頂きました皆々様有難う御座居ました。関係者の皆々様お世話様でした。有難う御座居ました。気にして頂いた皆々様にも感謝。無事に終わりました。差し入れで頂いた、熟れた柿、デッカイりんご、甘いみかん。もう全て食べてしましました。自分では買えない味覚ばかりでした。またお菓子も美味しいものを沢山。あんなに食べ物があると興奮してしまいます。ヴィクトリアが自分の掌に来た時は6畳一間が宮殿に変わりました。あぁ、食べたらなくなってしまう。と食べてしまいました。美味しかった。自分では買えない物をいつも貰ってばかりです。お陰様で今日も元気だ!有難う御座居ました。
ライブ、私は『ヤングスターライト』を3年弱振りに演らせて頂きました。小学6年生の伊藤が言う台詞は46歳の伊藤にとって気持ちいい台詞だった。伊藤を演じた伊藤ですが実際の伊藤は雪はもう一生分やったのでもういい。と冷たくあしらってしまいますが、ヤングスターライトの伊藤をやると雪が愛おしくてたまらなくなります。糸井マジックにまんまとはまってしまっている。もうちょっと公演したかった。お相手はおかもっちこと岡本陽介君、楽しかった。触れそうで触れなさそうで触ってしまったけれど可愛いヤツめ。あと『イトイーランド』を糸井氏と西田夏奈子女史と共演させて貰いました。とても嬉しかった。やったあ!やったあ!これは私が貰ったお年玉。糸井氏はギターを弾いて西田女史はヴァイオリンを弾いて私はハモリだったのだけど。愛。二人の愛よ。私は大丈夫だったのだろうか。とっても勝手に幸せになってしまったけれど。音楽の尊さ。イトイーランド。二人ともどうも有難う御座居ました。幸せだったよう。皆んな有難う御座居ました。

終わっちゃったな。もう今年はこれでお仕舞い。
もう小さな自分の用事だけなり、小田急線で移動中、隣に男性と女性の二人組みが並んで座って居て、席は並んで確保しているのだけど向かい合って座って居て何か二人で盛り上がっていて全く話し声が聞こえないけど、うなずいたりちゃんと会話をしている様で時折息を吸う音吐く音が聞こえてきた。呼吸音よりも小さな話し声ってどういう事か?公共の場では静かにすべきだ!うるさくする乗客と乗り合わせた際はその常識をかかげ『迷惑だぞ!』と心の中で本音を叫び迷惑だぞオーラで相手に思い知らせてやろうと『お前らは出て行け!出て行きたくないなら黙れ!』と念を送るが、静かに話されたら話されたで何を話しているのか気になる。適度に聞かせて欲しい。その不思議な着席状況も見たい。向かいの窓に写る姿でそのテクを拝見しようと思っても向かい側にも乗客がいて鏡になる窓はふさがっている。横目で男女カップルに気づかれない様に確認しようとするが、やっぱり横目は横目だ。無理して目を横に寄せると目が回る。助けてくれ。向かいの鏡になる部分に腰掛けている眼鏡の男性も私の隣のカップルを心なしか驚きの目で見ている様に感じた。ズルイぞ、メガネ!オレも見たい。その二人は私の降りる駅の二つ前で降りた。

基本的に耳は遠い(あ、おばあちゃんもコレ遺伝だ)、何を言っているのか分からなくても何か言っているのは分かる。また地獄耳で余計な事はよおく聞こえて来る。
電車の中での他人の会話等バッチリ聞こえてしまう。弟自慢している女性に同僚だろうか?それを聞いている女性が「わあ、会いた~い」と言っているが全く会いたそうではなくてそれに気づかず話す姉がうるさくて余計なお世話だが『空気読めよ。』とちょっかい出したくなったり、男女のカップルで、彼氏が彼女に話しかけてるがあまり反応がない。何故、自分の話に何の返しもしないのだ?と男が聞けば女は「電車の中ではうるさくしちゃダメなんだよ。」と答えている。『おお!素晴らしいじゃないか!男よ、お前はいい女を見つけたんじゃないか?!』と祝福の雄たけびを心であげていると「今、緊張しているんだよ!お義母さんになんて挨拶しようかって。。。」と女がベラベラ興奮気味に男へ攻撃し出した。何だ?!電車のマナーなんて建前で義母となる人に会う緊張で話さなかったのか?その女は緊張しているのに無神経に話かけてくる男に対しての攻撃がもう止まらない。とてもうるさい。私が義母なら、あなたの事は。。。そう言えば「電車の中ではうるさくしちゃダメなんだよ」の語尾の「だよ」がなんか気になっていた。やっぱりあなたは。。。と義母でもないのに『私はあなたを嫁と認めない。』とか、全く変な気ばかり回す。私の方が電車のマナー悪いんじゃないか。だから電車での会話は派手にして欲しくない。

帰りの小田急線は混んでいて立っての乗車となった。目の前には男性と女性の二人組みが座っている。この二人も隣同士なのに向かいあって座っている。そして二人で話しているが全く声が聞こえない。一体、行きといい、帰りといい、何だ?小田急線の車風なのか?今度は目の前にいるので隣同士で向かい合う様子が自然な感じで盗み見れるな。とよく観察するが隣同士で向き合って座っている。それ以上でもそれ以下でもない。テクニックも何もない。隣同士で向かい合って座っているのだ。本当にそれだけだった。そしてこの二人組は恋人なのか親子なのかも分からない。女性は年上の様だ。男性との年の差が、これはどういう事だ?親子にも見えるがそんなにベッタリイチャつくものだろうか?いや、恋愛は自由だ。私が二人の関係に決断出来る立場の人間ではない。しかし不思議だ?もしかしたら行きも一緒だった二人なのか?向かえに座ったメガネが居たら行きの時の二人組なのかちょっと聞いて確認できたのにメガネは乗り合わせていないようだ。全く肝心な時にアイツは。袖振り合うも多生の縁。どうして私達は出会ってしまったの?気になる。この男女の二人組みはやっぱり私より先に降りた。その後、空いた二つの席には新しく乗ってきた私より20歳位年上のマダム二人組が座ったが、もう、うっるさいうるさい。煮物の話からコーラスの話まで、お互いの話は聞いているのか?多分聞いていない。この人達はお菓子、きちんを開けられるだろうか?お互いに食って食って食いまくる会話は楽しいのか?とか思いながらやっぱり私、全く余計なお世話だ。

今年も犬を飼えなかった。。。犬が欲しいとずっと小さな頃から願っていたが、今年もダメだった。ずっと自分は犬派だと思っていたが役者仲間の幸田尚子さんち(ダイハツWAKE、CM中)のシロ子に会い、猫の可愛さに骨抜きにあってしまった。それから猫カフェに行くようになったがやっぱりシロ子が可愛い。時々、役者仲間の西田夏奈子や日だか啓介が動物の画像を送ってくれてもう失禁寸前だった。うさぎカフェにも行ったりして、私寂しい様です。今年はもう公演もないし、どうしよう。寒いのも苦手というのもあり。残念、無念、また来年。けれど来たる来年に希望を持ち、天中殺が近づいてくるんだけど、気にせずに、私は一人ではない、電車で乗り合わせてくれる人がいる。動物の写真を送ってくれる人が居る。きっとあなたも私を思い出してくれる。そう信じて。
良いことも悪いことも悲しいこともラッキーなこともありました。2016年。きっと今年最後のブログ、読んでくれている人が居たらどうも有難う御座居ました。
来年もどうかひとつ宜しくお願い致します。

趣向『男子校にはいじめが少ない?』11/12(土)に東京、神奈川公演無事に終わりました。足をお運び頂きました皆々様有難う御座居ました。足をお運び頂けなかった皆々様も有難う御座居ました。関係者の皆々様有難う御座居ました。これはもしやつまりは、全てに有難う御座居ました。

女優だけで演じた男子校のミュージカル無事に終わりました。誠に誠に有難う御座居ました。
趣向『男子校にはいじめが少ない?』は最初、神奈川県庁での複数団体参加するイベントの出し物としてお話を短くし登場人物も少なくお披露目しましたが、いつしかフルバージョンの朗読劇となり登場人物も増え、そしてこの11月に本公演となりました。
趣向とは神奈川県庁でのショートバージョンが初対面でしたがそれから足掛け3年関わらせて頂いて居ります。3年やっていると都合がつかなくなった演者もいて、神奈川県庁では平成生まれが一人だったのに、今回は平成生まれが沢山!自分の子供でもおかしくないような若人と同級生となり、ジャンプの多いミュージカルをしました。
演出も平成生まれの女子。平田万里女史、通称は「ひらたま」ですが「たまちゃん」と呼ぶと喜ぶの。可愛い。私は「たまちゃん」と呼ぶ事にしました。初対面の時、稽古場にジャージで居たので共演者かと思ったら、演出家だった。たまちゃんは演出するのに稽古着に着替えるのです。役者と一緒に着替えて稽古し役者と一緒に着替えて帰ります。同じ場所に居るのに応援したくなる。『ダメ出し』(←お芝居の駄目な所を指摘)という言葉が嫌いみたいで『振り返り』という。頑張り屋さん。
ダンスは小林真梨恵(waqu:iraz)女史。段々付き合いが長くなってきました。人見知りな私もなつき始めたぞ。動けない私を怒らない。分からなければそれでいいやという感じで見守ってくれている(と思うが、もしや都合よく勘違いしてるのか?オレは?)何故か私をセンターによく持ってきた。全く動けないのに、センターに持ってくる。私が遠慮すると「安定するから大丈夫」と言うからなんか踊れない癖に自信を持ってしまう。大丈夫なのか?まりえマジックか?ダンスだけにまりえの掌で踊らされていたのかオレは?
音楽は後藤浩明氏こまつ座でよく見かけます。役者かな?音楽家かな?読売 演劇大賞優秀スタッフ賞受賞、大日本茶道学会正教授と凄い人なのに気さくです。そして育ちがいいんだな。というのは私位になると(?)すぐ見破る。所作のスマートさよ。横浜では生バンドの中での演技でしたが皆を仕切ってくだすった。私が飛びぬけて高齢なので他の子にはしない気遣いで接してくれている気がする。もっと軽くあしらってもいいのよ。私は、私はすぐに。。。
そして趣向主宰オノマリコ女史、名前はマリコではなくリコです。オノマで一旦ストッピングです。ら行で始まる憧れの女流劇作家。大人しい顔して何でこんな台本を書くのか?そしてまさか楽日にミニライブをやったのですが、歌いたい。と言い歌っていた。そんなタイプである事一切匂わせなかったじゃないか!本当に人は何を考えているのかさっぱり分からない、深いと本人に言ってやろうかと思います。不器用な所に癒されて隙がある所にも癒されて、暖かな気持ちで居てくれるから内緒話もこの人になら出来るとこの3年で感じています。温泉の様な人だ。
なかなか横浜へは行く機会がありませんでしたが、横浜のげシャーレで公演させて頂ける事になり横浜にも少しですが通わせて頂きました。横浜駅東横線から降りて乗るエスカレータのスピードが気持ち良かった。色々あったのにそんな事を今思い出す。そして王子では劇場隣の「いきなりステーキ」に行かずじまいが心残りとなりました。
ピコ太郎という人が大ヒットしギネス認定へ、高木沙耶元女優が容疑者に、米大統領選の開票ではドナルド・トランプ氏が当選したり、宇宙人役の小川碧水(すみな)ちゃん、竹蜻蛉役の三澤さきちゃん、自転車役の大川翔子ちゃんのお誕生日、あと私の借りてる部屋のシャワールームのシャワーが新しくなりました。浴槽は相変わらずないですが、水漏れもなくなりました。趣向に関わった期間にはそんな事がありました。

今はFUKAIPRODUCE羽衣LIVE vol.10に取り掛かっています。フカプロ(FUKAIPRODUCE羽衣の略)ライブ10回目。もう10回なのか、まだ10回なのか、どう言ったらいい?そういう事を相談できる人が、というか何でも相談できる人が欲しいですが、一人で決めなければいけないのでちょうど10回だ。と言うべきなのかもしれない。ひとつ言えるのは今回もスゲえボリュームという事と、久しぶりに皆に会ったけど皆大人になっている。と言う事だ!あ、ふたつだ。オレ大丈夫だろうか?なんか皆の深くなった包容力とキラキラした成長を見ている祖母の様な感覚さえおぼえます。
わあ、私もやる事沢山あるぞ。
ライブの詳細は下記です。

 

+++++++++++++++++

FUKAIPRODUCE羽衣LIVE vol.10

構成・演出:深井順子 音楽:糸井幸之介

2016年11月29日(火)30日(水)
19:30Start (18:30Open)

**Singers**

深井順子 糸井幸之介 日髙啓介
鯉和鮎美 高橋義和 澤田慎司 キムユス
新部聖子 岡本陽介 浅川千絵
(以上、FUKAIPRODUCE羽衣)


**Band**

Guitar/斉藤浩樹(ParaboLa)
Bass/堀田秀顕(あっぱ)
Drums/河村俊秀(ペトロールズ)

**ticket**

3,500円(1drink付)
※整理番号付入場券
(会場の状況によりお立ち見になる可能性がございます。)

**会場**

吉祥寺STARPINE’S CAFE

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1
TEL:0422-23-2251
吉祥寺駅より徒歩3分。
★道順★
吉祥寺駅・北口を下車。吉祥寺大通りを北に直進
(右手に見える三菱UFJ銀行、ローソンを通貨します。)
ヨドバシカメラを超えた角を右折。20mほど進むと左てに見えてきます。
パーキングビルの地下です。

+++++++++++++++++


ご都合いかがでしょうか?今月末にジョージ。いらっしゃいませんか。お待ち致して居ります。会えたら凄く嬉しいけれど。。。会えたら嬉しく歌い、会えなかったら寂しく歌って居ます。FUKAIPRODUCE羽衣LIVE vol.10、お酒用意して待って居ります。

あ、上の詳細の『**Singers**』の欄に私の名前は入ってませんが、出るよ。自分の名前入れようか入れまいか迷ったのは、出演が決まっていてまだ載ってない人の名前もあるかもと思って私の名前は抜いてみたけど、こういう相談できる人というか何でも相談できる人が居ればいいのだけど、私が勝手になじみの劇団員だけの方がフェアかなと思ってそうしたのだけど。どうですか?私の話分かりますか?分からなかったら御免なさい。では御免ください。

ファーストフード店で『エス(S)ポテ』という名のフライドポテトを頼むつもりでその列へ並んだ。フライドポテトは好物でサイズはSでなくてもよかったが、経済的理由がそうさせていた。もっと食べたいが希望より小さくなるのは日常茶飯事だ。シェイクもいつも小さいのを頼む。ジュースもそうだ。順番が来た私に店員さんは「御チュウモンは」と問う『エスポテをお願いします。』と告げると「ホットコーヒーデ?」と店員さんは注文内容を確認した。自分の滑舌もここまで来たかと愕然とする中、芝居の稽古中です。趣向『男子校にはいじめが少ない?』

こんな状態で大丈夫でしょうか。台詞はきちんとお客様へ届けられるのでしょうか。話がまとまらず話している内に何を言っているのか分からなくなるという事態は3回に3回はありますが、ハッキリとした気持ちを伝えるのにこういう事だと私は世の中の方々にかなり誤解されていないでしょうか。お芝居をしているのであれば内容の趣旨は伝えられているのでしょうか。トランプ氏ではないですが、私ほど人々を尊敬している人間はいないです。本当に皆様にお世話になって居ります。こんな体力、能力のない熟女をよくぞ受け入れてくれていると皆なには感謝しかないのです。歌う、踊る。そんな事をする出し物になります。覚えても忘れ覚えても忘れ本当に一時的にでも覚えたのか?私は私にそう聞きたいのです。

 

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○◆○○○○○○○○○○○

 

趣向『男子校にはいじめが少ない?』

「男子校にはいじめが少ない。」そんな傾向があるらしい。女がいないから、モテようとか、カッコつけようとか思わなくてすむ。女の目を気にしなくていいから、リラックスして毎日すごせる。バカなことを力いっぱいやれる。どうどうとオタクになれる。好きなものを好きって言える。あれ、じゃあ男子校ってパラダイスなのか?
ぼくの名前は「自転車」。あだ名はチャリンコ。全寮制の男子校(けっこう進学校)にいる高校一年生。毎日なんの事件もおきない。「竹蜻蛉」はボーっとしている。「虫眼鏡」はアイドルに夢中。「糸電話」はケータイをいじってばかり。「水鉄砲」はエロい。「野次馬」はうるさい。「微生物」はパシられている。「博物館」は物知りだけど寝てる。教室のはしっこには「宇宙人」がいて、今日も電波をまきちらしている。


戯曲:オノマリコ(趣向)
演出:平田万里
音楽:後藤浩明
振付:小林真梨恵(waqu:iraz)

《東京公演》2016年11月2日〈水〉− 8日〈火〉花まる学習会王子小劇場
《横浜公演》2016年11月11日〈金〉− 12日〈土〉のげシャーレ

〈出演〉

伊藤昌子
大川翔子
中谷弥生
本間玲音(ウゴウズ)
飯塚ゆかり
三澤さき(ゲンパビ)
小川碧水(安全ピン)
窪田優
関森絵美
和田華子
SPECIAL! 清水那保 ※横浜公演のみ出演

♪横浜公演限定!バンドによる生演奏で上演いたします。
後藤浩明(Keyboard、Guitar)、中鉢洋夫(Guitar)、藤田奏(Bass)、小野裕市(Drums)

◆公演スケジュール
《東京公演》
11月2日〈水〉19:30◇
11月3日〈木〉14:00/19:30☆
11月4日〈金〉19:30
11月5日〈土〉14:00◎/19:30
11月6日〈日〉14:00
11月7日〈月〉14:00/19:30
11月8日〈火〉14:00

《横浜公演》
11月11日〈金〉19:30◇
11月12日〈土〉12:00/16:00♪

◇…プレビュー 一般2500円
☆…終演後、ポストパフォーマンストークあり
◎…託児サービスがあります。要予約。イベント託児・マザーズ0120‒788‒222 0才・1才2,000円 2才以上1,000円
♪…終演後、ミニライブ!
*受付開始は開演60分前、客席開場は開演30分前です。

◆会場
東京公演:花まる学習会王子小劇場
(JR線、東京メトロ南北線「王子」駅より徒歩5分)

横浜公演:横浜にぎわい座 のげシャーレ
(JR線・市営地下鉄線「桜木町」駅「野毛ちかみち」南1番口より徒歩3分)

◆チケット(税込)
プレビュー(11/2・11/11)…………¥2,500
一般(前売/当日)…………………¥3,200/¥3,500
U-23(19歳〜23歳)………………¥2,000
U-18(18歳以下)……………………¥1,000
リピーター ……………………………¥2,500
*U-23、U-18のチケットをご予約のお客さまは、当日受付にて年齢の確認できる証明書等をご提示ください。
*リピーターチケットをご予約のお客様は、当日受付にて、チケットの半券をご持参ください。

◆チケット予約
○カルテットオンライン(24時間OK!)
東京公演予約URL:https://www.quartet-online.net/ticket/danshi_o ⇒備考欄に『伊藤昌子で』を。
横浜公演予約URL:https://www.quartet-online.net/ticket/danshi_n ⇒備考欄に『伊藤昌子で』と。
*チケット料金は当日受付にてお支払いください。
*未就学児はご入場いただけません。
*車椅子でのご来場については、事前に趣向までお問い合わせください。

◆お問い合わせ
趣向(担当:中村)
Tel: 070-5462-9266(10:00〜19:00)
Mail: shukou2010@gmail.com
Twitter: @shukoushukou


○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○◆○○○

 

今回の公演は東京と神奈川の二箇所です。東京の劇場の最寄り駅は「王子」。今、石原さとみさんがメトロのCMやっている洋紙発祥の地。王子はメトロだけではなくてJRもあります。私は都電荒川線で「王子駅前」でよく降ります。ちんちん電車です。この時期だとハロウィンの飾りつけされている車両があったり、荒川線ヘビーユーザーの情報ではハートのつり革がある車両もあるのだそうです。時計を持っていないので携帯電話を忘れると今の時刻が知りたくてもじっと目を閉じ間に合う。間に合う。絶対に間に合う。と念じるしかないのですが、荒川線にはデジタル時計がついているので携帯いらずというか、時間が分かっても遅刻してしまう時は遅刻してしまうのですが、どれ位自分が遅れているかというのが分かります。携帯忘れているので遅れるという連絡はできず、本当に御免なさい。と現地で謝るしかどうにもできません。荒川線には今後こんな時の対処法のノウハウとか何とかならないのでしょうか。乗りかかった船というか電車というかなので。宜しくお願いします。
なぜ、こんな所にあざがあるのか?かさぶたがあるのか?靴下があるのか?という疑問を抱えつつ日々準備しております。会えたら凄く嬉しいです。待って居ります。

あ、趣向『男子校にはいじめが少ない?』ステージナタリーに載って居ります。http://natalie.mu/stage/news/205530←ココに載って居ます。もし宜しければ。

 

この夏はウィルキンソンを沢山飲ませて頂きましたが、コップに注ぐと尋常じゃないほどの泡が出て冷蔵庫から出したのに沸騰してるのか?もしくは何か生き物がいるのか?という程に弾けるので、ちょっとひきながら時には『うわー、ひくぅー』とか言いながら飲むとなぜだか心が寂しくなります。コップになんか注ぐんじゃなかった。そういう性質の物に対して嫌悪感を出すんじゃなかった。と後悔しても後の祭り、私はコップに注いだし嫌悪感を口にした。皆様如何お過ごしでしょうか。私は本日もネガティヴ?ブ?正直ではありますが恥ずかしいです。

やってみて感じたのは、ウィルキンソンはコップに注ぐよりもペットボトルのまま飲んだ方がうまい。という事です。あくまで私奴の好みですが。でも、あの泡を見たくてコップに注ぎ『ひくー』とけなした後に飲んで寂しくなるという、夏だって気持ちの変化は上がったり下がったり、気持ち悪いも寂しいもオレ次第だったのだ。そしてあのコップの中のブックブックッボッコボッコグッツグッツッしている泡を見るとテンションが上がり人間ってそういうものなのか、いや、それは自分が変態だからなのか?謎は解決せぬままいつの間にかウィルキンソンを買わなくなり、レッドホットチキンも終わり、セブンイレブンのうま辛棒も終わり秋だ。早い早い。女心と秋の空だ。買い物の会計を済ませた後に要らなくなるんだ。秋じゃなくてもそうだ。性格だ。直せ。はい。すみません。

今年の誕生日に『整理整頓』を掲げたので、いるのかいらないのか自分の昔のビデオを見直しています。2004年とか2005年に放送されたドラマ、連続ドラマで、それでそのドラマの話が面白いので次は?次は?と見入ってしまい6時間とかずっと座りっぱなしで立てなくなったり、若い自分を見て(と言ってもまばたきしたらいなくなる。後姿だけしか映っていないとかいう感じではあるが)古い自分を実感するという。時間は残酷だなと感じている間にも時は過ぎていくのであった。座りすぎだからという事ではないと思うけれども立ち上がれなくなるような暗い話でこのタイミングで主題歌きたらもう絶望しかないじゃないか。もう生きていけない。。。とビデオ見た数日は引きずり全てがかすんで見える。と心で涙する。これが更年期なのでしょうか。いえいえまだまだ高校生じゃ。
今、高校生役のお芝居を作っている。男子の。
趣向の『男子校にはいじめが少ない?』。2014年春に短いタイムの劇やって、次は同じ年の冬にフルバージョンの朗読やって、今年2016年は来月とうとう本公演になる。ゆっくり皆とも役とも関係を進めてきた感じで嬉し恥ずかし。朝帰り。はしませんが、ちゃんと当日の内に帰りますが、そのうち旅公演とかできたらいいな。とか、主宰でもないのに考えています。勝手に。どこで公演しようかなあ。
ショートバージョン、朗読、本公演の順序で関わるご縁にご縁を感じています。初演からずっと一緒の大川翔子ちゃんはよく誤嚥(ごえん:食べ物や異物を気管内に飲み込んでしまうこと。)するとの事でした。気をつけて下さい。ちなみに私は彼女が「よくゴエンする」という発言を聞き、聞き捨てならず『それは誤飲だ。ゴエンだなんて変じゃまいか!』と君って人は言葉を知らない!的に指摘をした所、作家のオノマさんが「誤嚥です」と正解を言いしかもこんな難しい漢字だったなんて。私の世界は爆発した。書けないどころか読む事だって出来やしないじゃないかっ!無知だったのは私のほうだ。大川さん御免なさい。皆さん知っていましたか?つくづく芝居は勉強になるなと感謝の気持ちでいっぱいです。そして人間は謙虚でなければいけない。熟女といいつつ未熟者、このギャップどうですか?ギャップ好物よ、さあおいで。抱きしめてやる!

登場人物は男子高生が9人と女子高生が1人ですが、全員女性で作ります。東京は11月2日(水)から、横浜は11月11日(金)おっ、ポッキーの日だ。横浜はポッキーの日からです。宜しくお願い致します。


******


趣向『男子校にはいじめが少ない?』


「男子校にはいじめが少ない。」そんな傾向があるらしい。女がいないから、モテようとか、カッコつけようとか思わなくてすむ。女の目を気にしなくていいから、リラックスして毎日すごせる。バカなことを力いっぱいやれる。どうどうとオタクになれる。好きなものを好きって言える。あれ、じゃあ男子校ってパラダイスなのか?

ぼくの名前は「自転車」。あだ名はチャリンコ。全寮制の男子校(けっこう進学校)にいる高校一年生。毎日なんの事件もおきない。「竹蜻蛉」はボーっとしている。「虫眼鏡」はアイドルに夢中。「糸電話」はケータイをいじってばかり。「水鉄砲」はエロい。「野次馬」はうるさい。「微生物」はパシられている。「博物館」は物知りだけど寝てる。教室のはしっこには「宇宙人」がいて、今日も電波をまきちらしている。

 


戯曲:オノマリコ(趣向)

演出:平田万里

音楽:後藤浩明

振付:小林真梨恵(waqu:iraz)

 

《東京公演》2016年11月2日〈水〉− 8日〈火〉花まる学習会王子小劇場

《横浜公演》2016年11月11日〈金〉− 12日〈土〉のげシャーレ

 

〈出演〉

伊藤昌子

大川翔子

中谷弥生

本間玲音(ウゴウズ)

飯塚ゆかり

三澤さき(ゲンパビ)

小川碧水(安全ピン)

窪田優

関森絵美

和田華子

SPECIAL! 清水那保 ※横浜公演のみ出演

♪横浜公演限定!バンドによる生演奏で上演いたします。

後藤浩明(Keyboard、Guitar)、中鉢洋夫(Guitar)、藤田奏(Bass)、小野裕市(Drums)

 


◆公演スケジュール
《東京公演》

11月2日〈水〉19:30◇

11月3日〈木〉14:00/19:30☆

11月4日〈金〉19:30

11月5日〈土〉14:00◎/19:30

11月6日〈日〉14:00

11月7日〈月〉14:00/19:30

11月8日〈火〉14:00

《横浜公演》

11月11日〈金〉19:30◇

11月12日〈土〉12:00/16:00♪

 


◇…プレビュー 一般2500円

☆…終演後、ポストパフォーマンストークあり

◎…託児サービスがあります。要予約。イベント託児・マザーズ0120‒788‒222 0才・1才2,000円 2才以上1,000円

♪…終演後、ミニライブ!

*受付開始は開演60分前、客席開場は開演30分前です。

 


◆会場

東京公演:花まる学習会王子小劇場

(JR線、東京メトロ南北線「王子」駅より徒歩5分)

横浜公演:横浜にぎわい座 のげシャーレ

(JR線・市営地下鉄線「桜木町」駅「野毛ちかみち」南1番口より徒歩3分)

 


◆チケット(税込)

プレビュー(11/2・11/11)…………¥2,500

一般(前売/当日)…………………¥3,200/¥3,500

U-23(19歳〜23歳)………………¥2,000

U-18(18歳以下)……………………¥1,000

リピーター ……………………………¥2,500

*U-23、U-18のチケットをご予約のお客さまは、当日受付にて年齢の確認できる証明書等をご提示ください。

*リピーターチケットをご予約のお客様は、当日受付にて、チケットの半券をご持参ください。

 

◆チケット予約

○カルテットオンライン(24時間OK!)

東京公演予約URL:https://www.quartet-online.net/ticket/danshi_o ⇒備考欄に『伊藤昌子で』を。

横浜公演予約URL:https://www.quartet-online.net/ticket/danshi_n ⇒備考欄に『伊藤昌子で』と。

*チケット料金は当日受付にてお支払いください。

*未就学児はご入場いただけません。

*車椅子でのご来場については、事前に趣向までお問い合わせください。


◆お問い合わせ

趣向(担当:中村)

Tel: 070-5462-9266(10:00〜19:00)

Mail: shukou2010@gmail.com

Twitter: @shukoushukou


******

オノマさんが男子高校全寮制出身の方にインタビューして作ったお話です。男子校生のイメージを個人的に間違っていたりして、カワイイー!と発見できた作品。劇に関わってるとそういう発見があるから得した気分。男子はいいな。と思う。けど、自分は次も女に生まれたい。絶世の美貌を誇りでも自分ではそんな美人だとは思っていなくて常識的で華奢なスラリとした体で、歌舞伎町を歩いたとすれば現状「お兄さん、かわいい子いるよ」と声を掛けられる所を「働かない?」という風に女として認識されて、真面目な男の子と出会って、幸せではあるけれど、更にお金に困る事がなく心がとってもきれいな心で優しさで出来ちゃってて、ノラ猫が甘えてきて小鳥達も私の周りでさえずってエゴがなく、利己的主義とは何かしら?となってて、プライドが高く人の事を知りたがり噂好きで悪口ばかり言う獣の肛門の様な顔をした女性がいるなんて夢にも思ってなくて、でももし出会ったとしてもそんな人をも愛せて野菜を沢山食べ温泉の湧くお風呂に毎日浸かり安定した気持ちでいつも婆やが側にいてくれてだからって何にも出来ない訳じゃなくて、料理、裁縫、ピアノ、和楽器、英語、犬のしつけ、家の建築はプロ並みで真っ赤なバラと白いパンジー、仔犬の横にはあなた、あなた、あなたが居て欲しいものです。一生幸せに暮らした。伝説の美女、女神だった。皆に愛された。生まれつきそうなりたい。

すみません。お忙しい所。

『男子校にはいじめが少ない?』ご観劇頂ける日時が御座いましたら、私までご連絡頂くか上記フォームからご予約下さい。その際、備考欄に『伊藤昌子で』の旨一筆頂けると私の株が上がり鼻高々です。宜しくお願い致します。
前回の朗読公演の際、大川翔子ちゃんが知人に全員女子だけど男子高校の話やるんだ。とチラシを渡した際、あ、この人だけ男なんだね。と私の写真を指差したというエピソードがあるが、そしてその指差した知人は実は私を知っているという事実もあったようだが。そんな事を思い出しつつ、劇場でお待ち致しております。
オレは高校生。男子校生。

遅い報告で御免なさい。8/11(木・山の日の祝日)に『FUKAIPRODUCE羽衣の"サロメvsヨカナーン”がカラオケ入ってうれしいからイベントします!(みんなでうたおう!でも無理にうたわなくても大丈夫。遊びに来てね。)』が無事に終わりました。有難う御座居ました。3時間!有難う御座居ました。開演迄注文を運ばせて頂きましたが、数々の失礼すみませんでした。バイトならクビだ!新部さんとキムユス氏がもう先輩風ビュンビュンでした。ご来場の皆々様有難う御座居ました。関係者の皆々様有難う御座居ました。気にかけて頂いた皆

々様有難う御座居ました。

ブログを移行してみました。タイトル字数制限があるのか?私がやり方を知らぬだけなのか。タイトルと本文折衷でお届けさせて頂きます。

 

今年の誕生日にフカプロ(FUKAIPRODUCE羽衣の略)の前で『整理整頓』を掲げたので引っ越す度に見もしないビデオも捨てずに一緒に引っ越していたのだけど、捨てるべきかどうか見てみよう。と最近は過去を振り返っています。まだお芝居を始める前の舞台集団という所に所属していた時のライブを見ると。私はまだ20代だった。ガ~ンッ!メンバーの中にテレビに出て人気者になった男の子がいてお客さんは主にその子目当てで会場に足を運んでくれていたと思います。謎の『舞台集団』という大義名分はド☆素人をさらけ出していましたが、飯尾和樹さんもゲストで出てくれていて『ずん』の前のコンビでコントやっていました。覚えています。24~5年前だけど、いや、24~5年前だからかな?だから忘れた事がないのかな。自分のどこかにその時の出来事を持ちながら生活していました。人気者の男の子は舞台上でオリーブという雑誌に載った事や明星にも載ったらしくその事を話したり、明星はその記事を舞台で見せていたけど、見開きですごいドアップだった。その子の本が出たのは覚えているけれど雑誌に出た事は忘れていた。そんな事があったのか。と。捨てる前に再発見できた。
私は芝居もおしゃべりも今と変わらずまずく。。。がっくし。。。今と違うのは輪郭と髪だった。痩せている太っているではなく輪郭がハッキリしている。髪も映像の質はすこぶる悪いけど髪の毛だけはピカピカして自分がどこにいるかすぐ分かる。もうあの髪型には出来ないんだろうな。アホ毛とかない時代はもうこないのだな。どんなにダイエットしてもあの輪郭を浮き上がらせる事は出来ないんだろうな。『ho-bo-hemian』に♪引力ってもしかしたら地球の甘い愛の囁き♪とありますが、今、輪郭がぼやけているのが地球の愛の囁きなら逆らう気にはならないな。愛が一個でも入っているならラッキー!ヤッター!
飯尾さんも痩せている。飯尾さんは明らかに痩せていた。キャラクターも全然違う。この後、ブレークの人生を送る事は本人もまだ気付いていない頃。私は何となく今、こうなる事は分かっていた。かな。いや、むしろそう思っていたからこうなったのやも知れない。飯尾さんの心構えが今に繋がる事を証明している。
20代の自分を見てストレスを感じている時間が長くて随分老けたけど、人生なんてあっという間だったか。とも思う。色んな理由やタイミングがあったけど、それも全て「実力」の一言でいいのだと思った。みんな年をとってどうしているのだろうか。

8/11(木・山の日の祝日)ライブが終わったらスマップ解散の発表があり、今年はじめに色々あったようだけど、雨降って地固まったかと思ったがやっぱり駄目だったか。一度駄目になってうまくいく人達もいるけれど、やっぱり人は変わらない。やっぱりうまくはいかない。という持論を勝手に持っているのだけど、いや、一度駄目になったから駄目ではない方向へできないかと何度も繰り返してこの駄目という失敗を止めるには辞める事が、先に進める条件というのが勝手に持論。今更持論。好きだとジロー。大好きだぜ佐藤二朗。ここはさんをつけよう。持論が出世し、大好きだぜ佐藤二朗さん。となった瞬間だ。自分が出世できないからって持論だけでも出世させてやった!ヤッター!
今年でスマップ解散。
スマップと聞くと浮かんでしまうのがもうすぐ60歳になるジャニーズの追っかけ女性で、その人が人の陰口ばかりいう人でジャニーズの上の人の悪口ばかり言う。追っかけだけあり、また同級生同士でジャニーズファンの様であっちからもこっちからも情報が入ってくるらしく本当か嘘かは分からないが妙に情報通で恐ろしい事ばかり言っている。獣の肛門の様な顔で悪口ばかりだ。これも、もしや私は悪口を言っているのだろうか。では悪気はなく事実だけをいうと、共通の知り合いに地下アイドルの子がいるがその子に60近い獣の肛門女性はミーハーをむき出しにして興味を持って色々自ら聞くし、何だか分からないけどアドバイスもしている。「いいね〜。」「好きな事があって羨ましい。」とか好意100%な接し方をしているが、その子がいない所で「いい年して」や「あの子は売れない」や聞いた情報を悪意でのびっくり発言をする。『え?!応援してるんじゃないの?!』と多重人格ではないかと心配になる。その子の人生はその子の好きな様に生きていいのではないか!と思いっきし思っているが私は肛門女性に本音を言う事を辞めたので「こえ~」と聞いている。友達なんだな仲いいなと肛門女性が色々心配して親しい人を呼ぶ呼び方で誰がみても仲良しと思うに違いない人の事もその人がいない所で悪く耳にする。伊勢丹の好き嫌いを陰口されている人もいた。そこまで好意的風空気で聞き出しておいてそんな些細な事も意地悪に見る事が出来たら天才だ。私も芝居の事をいっろいろ聞かれてはじめそんな人だと思わず普通に答えていたが、これはいい悪口の材料になるなと気付いてから一切言わない様にしたしその時から獣の肛門にしか見えなくなった。心を閉ざしてもそれでも肛門は色々聞いてくるので言いたくない事が分かる様に伝えてる。ジャニーズへの執着がもの凄くミーハーだからネットですぐ調べるのだけど、知りたければお得意のネットで調べれば。と思う。でも私の事は興味があるのではなく悪口を言うネタ集めで聞くのだから決して調べないのは知っている。肛門とはその場だけの関わりで充分なので心を閉ざした。口数が多いから嘘も多い。息も吸わず、めためためた~と話すので自己満足が終わるまでじっと聞いている。6年位前に自転車をあげると言わたが、自転車を持ってくるのは大変だから。と遠慮すると「私がどれ位フットワークが軽いか知らないな」とか3年位前に自分で自転車の話をぶり返して忘れてはいないんだなと思ったけど、そう言って全く軽く持ってこない。ジャニーズや浜崎あゆみ女史や有名な外人タレントのライブには地方でもどこでもフットワークは軽く行っている。今週中に今月中に今年中にと事ある事に興味持った事に対して“○○をする”や“○○へ行く”と言って“したら(行ったら)教えるね~”と言って全く実行していない。高田純次ファンというのも嘘。誰かの受け売りなのはもう分かっている。この人はずっとこうやって生きてきたんだろうな。変わることはないんだろうな。と思う。これは自分に対してもそう思う。先輩だし、そんな嫌悪感を持たず尊敬の気持ちを持って接して行こうと思ってもやっぱり今日も悪口言うか、自分を正当化するか、息も吸わずに自己満足でしゃべるかとそこが目立ってこっちも狭い心しか持ち合わせはなく受け入れられない。仲良き事は美しきかな。と本当にそうだと思うが、何度も見直そうと思っても自分とは合わないと苦しむ。だから肛門には心は開けなくなった。肛門に会う時は突っ込まれない様な格好で会う。スカートはいていたらどこかで着替えてから会ったり、もう駄目なものは駄目なんだ。尊敬する所も沢山あるのに。とスマップ解散で肛門の事を思い出している。

そして高畑裕太容疑者逮捕もライブ後にあった出来事。事件の事だけではなく出生の事も報道された。父親は大谷亮介さんだった。フカプロライブで「さいなら旅客」を歌い上げ観客を魅了した大谷さん。まだ共演するずっと前、新宿のシアタートップスで壱組印のお芝居をみて、大谷さんの危険な色気にザワザワしていた。大谷さんを思った。

未来に繋がる。整理整頓した今がきっと素敵は未来に繋がると信じて、荷物を減らそう。と思う。ただ、やっぱり母と買ったコートとかもう着ないのに捨てられない。ん~。捨てるか。また今度でいいか。
長い。