読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘え子ちゃん太郎が終わったのは先週水曜日ですので、一週間経ってしまいまいした。ご報告が遅くなっちゃった不義理をお許し下さい。ご観劇頂きましたみな皆様、有難う御座居ました。一緒に舞台作ってくれたみな皆様有難う御座居ました。

あれから一週間が経ってしまいました。甘え子ちゃん太郎が終わったのにブログ更新遅くなりすみません。
有難う御座居ました。公演は無事に終わったけれど、まだ台本を読んで居ます。焦る日々はなぜか続いて居ます。

舞台ではLOVEホテルで恋人にいやらしい事をせがむ役でした。役名、昌子。本名とお揃いです。
プライベィトではベット・メイクのバイトに誘われる事はあってもメイク・ラヴに誘われる事はどうだったでしょうか。
“メイク”繋がりでうまい事謎めけたかな?と一瞬思いましたが、メイクの位置が悪かった。後メイクと前メイクで作りが悪かった。

舞台が二階建てだったので、一階では大騒ぎで二階でも大騒ぎでした。
LOVEホテルで恋人にお尻にできたニキビを見られていたのでずっとお尻丸出しで、本番中は太る癖があるものだからその様子もダーリン役に感付かれていたかもしれません。
ダーリン役は東京デスロックという劇団の看板役者、夏目慎也氏で(イヨッ!)。役名、慎也。こちらも本名とお揃いです。稽古中も本番中もずっと一緒でした。
フカプロ(FUKAIPRODUCE羽衣の略、以下フカプロ)は同じシーンにずっと一緒に皆で居る事が今まで定でしたが、今回、夏目氏と私は皆なとはちょっと違う所に位置していたので二人っきりの時間が多かった。殆ど無駄話しかしなかったけれど、それが私には力になった。大人の人でかなり私に対して嫌悪を抱かれていたと思うのだが。。。ほんとすみません。とこっそり謝っておこう。

今回の収穫は!!??
本番が終わって客だし(劇場からお客さんを送りだす事、挨拶します)してる時に三人の男性にホテルに誘われました。三人が多いか少ないかで言ったら多い人数ではなかったかもしれないけれど、歌舞伎町を通り過ぎるだけでも『お兄さん、いい娘いるよ!』と男性と間違われ客引きされる日常を考えると私にしたら大勢!大漁です。
一年の内365日ジャージの私ですが、脱いで良かった。帰り道でニヤける公演となったのです。ちなみに舞台上でもお客さんに『男?』と疑問に思われた事があります。スカートはいて化粧してたのですが。
フカプロ団員の高橋義和君と間違われた時もありました。

ホテルに誘ってくれた珍しい三人はいずれも知り合いでしたが、一人には『いいよ。』と答え、一人には『考えておく。』と答え、一人には『断る。』と、信号の青黄赤みたいなはっきりと色分けできた対応ができました。ちなみに『いいよ。』と青信GOO!!だったのは甘え子ちゃん太郎、作演出音楽の糸井幸之助氏のお父様でした。
約束が果たされるのか果たされないのかは二人だけの秘密にしておきたいと思います。

まだ、書きたい事はあるけれど、また長くなるから。
甘え子ちゃん太郎についてはこれで。もう台本も読むのをやめようと思います。甘え子ちゃん太郎に拘わりのあった全てに感謝。
有難う御座居ました。


そして有難い事に実は次があるのです。
今月25(金)と26(土)に!
なんと!朗読劇!
セリフ言う時、動くなというのかっ!!オレにっ!!


劇作家の劇団、その名も劇団劇作家と言う団体が主催する公演になります。
フェスティバル形式で今月、11月23〜29日公演期間がありますが、私は下記の日時で参加させて頂きます。

『劇読み!vol.4』

会場 SPACE雑遊

今月下旬の、
25(金)14時〜
26(土)16時〜

フカプロで今回、日高ライブにゲストでやって来た西田夏奈子も別作品で同公演に参加します。
私は守夏代さんが台本書いてくれて、外山晴菜さん(キリコラージュ)が演出してくれる『セキュリティ・オートフィクション』という個人情報が個人情報を呼ぶお話に参加致します。女の子4人!女の子だけ!女の子!私も女の子!うふふ。
楽しい。カワイ子ちゃんばかりで、ぐふふ。

朗読劇なのにおしゃれな振りがついています。私はまだちょっとついていけてないのですが。これから、これから。本当に色んな面白い事考えるよなあ。と段々腹たってきます。

朗読劇とはいうものの単に朗読劇では終わらない斬新な瞬間を是非ご一緒に!
チケットのご予約は私、伊藤昌子扱いになりますがURL:http://ticket.corich.jp/apply/30860/019/←こちらから是非どうそ宜しくお願い致します。

ご静聴有難う御座居ました。


劇団劇作家ホームページ:http://www.gekisakka.net/sakuhin.html