読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約一ヶ月前、6月12日(日)キラリ☆ふじみで田上豊君作演出で『Mother-river Welcome〜華麗なる結婚〜』のお題のお芝居無事に打ちあがりました。更新おっそくなってしまいました。すみません。お忙しい中足を運んで頂けました皆々様誠に誠に有難う御座居ました。力を合わせてやってきた皆々様誠に誠に有難う御座居いました。そして本日は選んで挙げる日でした。

暖かくなって参りました。開放感とか、服とか裸同様の格好したりとか度をこしてしまわないか心配です。もの凄い肉が出てしまう事になります。
そして本番終わって一ヶ月もの間ブログ更新もせず、全くあきれます。でもあんまり見ている人もいないでしょうから、あまりに悪びれるのも自意識過剰ではないか。とそれはそれで変なのかなという心配もあります。
先月6/12(日)『Mother-river Welcome〜華麗なる結婚〜』無事に終わりました。足をお運び頂いた皆々様、関わられた皆々様有難う御座居ました。感謝の気持ちと共に本当に凄く懐かしいです。
稽古から本番中は上野樹里さん結婚、北海道児童置き去り、清原清和有罪、長友佑都氏が平愛梨さんをアモーレ、ベッキー復帰会見、舛添知事政治資金疑惑(その時は辞職しないと言っていました)、ファンキー加藤氏が不倫、三遊亭円楽氏も不倫等がありました。円楽氏のお相手は20歳年下という事で私も該当するのですが、円楽さんに口説かれたら行ってしまうかもしれない。感じします。記者会見が良かったです。凄く強くて面白くてナチュラルでこっちからちょっかい出そうとは思わないですが、何か言われたら、あれっ?そうですか?なんて言いながらついて行きませんか?先方の思う壷です。お後が宜しいようで。とか言っても妻子ある人とのそういうのは良い事ではないのでお勧めするのは変ですが、素敵でしょ、だって。
開き直った空気で申し訳ないですが、あと、フカプロ(FUKAIPRODUCE羽衣)の制作:坂田さんが髪を切ってエレガントから可愛くなった。美人は何をやったって大成功ですが、今回も大成功。あと、4.5.6月の三ヶ月間フカプロのメルマガに参加させて貰いました。一ヶ月のつもりで編集長(フカプロ劇団員:高橋君)は誘ってくれたと思うのですが、私は話が長い。申し訳ない。
そうこうしていると七夕も過ぎて今年も7月半ば。もう7月か。とまだ7月か。と。確実な計算では一年の半分は過ぎた。
一年の半分位の時に自分では記憶ないけれど生まれたらしくキラリ☆ふじみ公演『Mother-river Welcome〜華麗なる結婚〜』が終わってから年をとりました。運命なのか宿命なのか?生まれた時が天中殺だか大殺界だかで自分にとって一番ついてない時に生まれてきてしまったとある占いでは出ています。間が悪いのは生まれつきだとそう思えば自分を理解できるし諦めもつきますし、今までの歩みは納得できるのですが、一説には石原裕次郎がそうだ、美空ひばりもそうだ。と聞いた事があります。これは短大の時にマブダチだったミエコが調べてくれてずっと言い草にしています。人とのコミュニケーションがうまく出来ない私だけれど裕ちゃんがいる。お嬢(美空ひばりさんの愛称)もそうだった。と。同じライン上にいる!とひとり部屋で考えたりしていると年々根暗に拍車がかかっている実感が沸きます。そんな私の誕生日は『Mother-river Welcome〜華麗なる結婚〜』後に来るので別に何とも思わずに公演楽日は居酒屋:大吉での打ち上げに参加していました。帰ろうとするとどこからか、いや、個室と厨房を仕切るふすまの方から♪ハッピバースデートゥユー♪とあの歌が聞こえてきて、ケーキが登場した。お!今日は誰の誕生日だっ?!とプレートを見ると私の名前があるじゃないか。知らなかったサプライズ。いや、サプライズだから知らなかった。私は帰る為に背負ったリュックを置き、ケーキに喰らいついた。A4はあろうか?丸ではなく四角いお洒落なケーキはキラリ☆ふじみ前にあるららぽーとで買ったのか?演出部の久保さんが買ってきたとケーキを食べながらだったがそんな情報が耳に入って来た。でも目の前にケーキがある以上お礼は後だ。まずはケーキだ。久保さんは今年結婚し、新婚ホヤホヤだ。私は彼の独身時代も知っている。いずれ奥さんになる彼女と交際を始めてから更に優しくなって、人付き合いの苦手な私も話し易くなった。久保さんの印象はフェミニストだ。奥さんはとってもキュートで自己紹介で『どうも、マサコ・デラックスです。』と挨拶したらすぐに名前を覚えてくれて人見知りな私でも話し易い。これはマツコ・デラックスさんが居たから覚えて貰えたので感謝が必要だが、まずはケーキだ。そして久保夫人はお芝居の事も参考になる事を言ってくれる。感謝だ。ケーキは結構食べた。皆な『持って帰りな』とか『全部食べな』とか言ってくれたのは私のケーキへ対する剣幕がもの凄かったからだろう。しかし皆の意見にケーキだからって甘えてはいけない。私もひとつ大人になるのだ。皆で食べよう!そして間の悪い時に生まれた私を祝い給え!そう自分にけじめをつけて食べるのをやめると『結構食ったな』とか言われた。うん。美味しかった。お金はどこから出たのだ?結局、久保さんにお礼は言わないまま帰ってきてしまった。御免なさいそして有難う更にご馳走様でした。
そして、フカプロでも誕生会に参加させて貰った。6、7月は結構生まれた人が多い。人が多いと言っても、間の悪い時に生まれたのは私だけではないだろうか。振付けの木皮君、作演出音楽の糸井氏、制作の坂田さん(残念ながら欠席)、高橋君の中に私も入れて貰った。やっぱり間が悪そうなの私だけのような気がする。そんな私に皆がプレゼントをくれてケーキを食べさせてくれた。何より私を忘れずに居てくれたというのが幸せである。宿命だったか運命だったかどっちかは変えられるらしい。間が悪いというのならちょうど良く私の名前から“ま”をとるか?すると私は“さこ”になり、間抜けとなる。どうする?どっちがいい?答えられない。
この一年の豊富を聞かれ、皆なそれぞれ発表した。私は『整理整頓』としたが未だ部屋も文章も散らかっている。この一年で何とか出来るだろうか。皆な有難う。毎日日よけ使っています。
46歳になりました。同級生の孫達がどんどん大きくなってきています。46歳も様々で、新垣隆氏、酒井法子さん、ナオミ・キャンベルさんが同級生。誕生日がきておらずまだ45歳の人もいますが、人生46年迎えると有名人だから身内でなくてもマスコミから色々あった事が分かる部分がある。
そして年齢にちなみ四六時中も好きと言って夢の中へ連れて行って忘れられないHeart&Soulとして今回はやめとくか。愛をそのままに。
有難う御座居ました。
うおあっつっ!昨日発売になった演劇ぶっくにフカプロがっつっっ!
うおうおうおあぅつっ!そして、フカプロの曲がカラオケになるうっつっつっっ!
2013年2月1日(金)〜11日(月・祝)東京芸術劇場:シアターイーストでのFUKAPRODUCE羽衣 第15回公演「サロメvsヨカナーン」の劇中歌より『サロメvsヨカナーン』がカラオケになるう!明後日からが予定日だあ!うお〜〜!
配信対応機種:LIVEDAM STADIUM
リクエストNo.:7376-97
曲名:サロメvsヨカナーン
歌手名:FUKAIPRODUCE羽衣
歌唱開始予定日:7月12日より。


[追記]あと、最新号のテアトロにもフカプロ載ってるよ。と青年団という立派な劇団の役者仲間が教えてくれました。私はまだ確認してないのですが、もしよかったらそちらも見てみておくれえ。何月号なの?最新号としか言ってなかったけど。何月号なの?7月なの?8月なの?どうなの?のじさん!そういうとこ!